2019.06.11

帰化選手のジャーラ志多斗、茨城ロボッツに残留「B2優勝そしてB1昇格という目標を達成します」

210センチ100キロの体格を誇るジャーラ志多斗 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 茨城ロボッツは6月11日、ジャーラ志多斗との契約合意を発表した。

 帰化選手のジャーラは、210センチ100キロの体格を誇るビッグマン。延岡学園高校、浜松大学(現常葉大学)、実業団のイカイレッドチンプスを経て、2017年に群馬クレインサンダーズでプロキャリアをスタートさせた。2018-19シーズンに茨城へ加入し、55試合の出場で219得点(1試合平均4得点)218リバウンド(同4リバウンド)をマーク。シーズン終了後の5月21日からBリーグの自由交渉選手リストに公示されていた。

 茨城での2シーズン目を迎える同選手は、チームの公式HPを通じて「2019-20シーズンも茨城ロボッツでプレーできることを心から嬉しく思います。 2018-19シーズンに経験した悔しい思いを糧に、新シーズンは必ずB2優勝そしてB1昇格という目標を達成します! このオフシーズンでしっかりとトレーニングして、パワーアップした姿をみなさんにお見せしますので、 新シーズンも熱いご声援をよろしくお願いします。Go ROBOTS!!!」と意気込みを語った。

 なお、ジャーラのほか、髙橋祐二眞庭城聖福澤晃平友利健哉鶴巻啓太平尾充庸久保田遼とも契約継続もすでに発表されている。