2019.06.12

滋賀レイクスターズ、佐藤卓磨と契約締結「魂を込めてコートに立ちたい」

滋賀での3シーズンを迎える佐藤 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 滋賀レイクスターズは6月12日、佐藤卓磨との契約締結を発表した。契約期間は2019年7月1日から2020年6月30日までとなる。

 北海道出身の佐藤は、197センチ93キロのシューティングガード兼スモールフォワード。東海大学付属第四高校(現東海大学付属札幌高校)から東海大学へ進学し、キャプテンを務めた4年次にはU24日本代表にも選出された。同大学在学中の2017年12月に特別指定選手として滋賀へ加入。2018-19シーズンは開幕前に、日本代表の一員として参加した「第18回アジア競技大会(夏季大会)」で不祥事を起こし、1年間の出場権はく奪となった。2019年4月に処分が解除されると、レギュラーシーズン4試合に出場した。

 滋賀での通算3シーズンを迎える同選手はクラブ公式HPを通して「レイクスの勝利のために戦うことはもちろん、試合を見ている方々がワクワクするようなプレーをお見せします。ブースターの皆様と共にチャンピオンシップの舞台で戦えるように、魂を込めてコートに立ちたいと思います」とコメントした。

 なお、佐藤のほか、ヘンリー・ウォーカー中村功平高橋耕陽荒尾岳狩野祐介伊藤大司の計7人が残留。鹿野洵生Fイーグルス名古屋へ移籍し、齋藤拓実狩俣昌也のガード2人が新たに加わっている。