2019.10.18

初勝利を目指す新潟アルビレックスBBがホームでレバンガ北海道を迎え撃つ

国内外のバスケ情報をお届け!

新潟アルビレックスBBvsレバンガ北海道(シティホールプラザ アオーレ長岡)
第1戦:10月19日18時5分、第2戦10月20日14時5分

 前節のサンロッカーズ渋谷戦で今シーズン初黒星となったレバンガ北海道。その試合では、リバウンドを支配された前半で12得点のビハインドを負うと、追いかける後半もSR渋谷のタイトなディフェンスの前にオフェンスのリズムを作れず。ケネディ・ミークスマーキース・カミングスらがシュートをねじ込み、苦しいながらも幾度となく反撃のキッカケを作ったのだが、大事な場面でのミスも影響してしまい、出場メンバーがコンスタントに得点を挙げるオフェンスを披露したSR渋谷に逃げ切られてしまった。

 開幕から4連勝と波に乗っていた北海道だったが、アウェイで臨んだ試合で敗戦。それだけに、同じくアウェイでの戦いとなる第4節では連敗を避けたいところ。対戦するのは新潟アルビレックスBBだ。

 迎える新潟は、開幕節のアルバルク東京との2連戦に始まり、川崎ブレイブサンダースとの2試合、そしてシーホース三河との1試合とここまで5連敗。特に4戦目となる川崎との第2戦では、終盤まで1点を争う展開となったが、決定打を欠いて競り負けてしまった。

 新潟は、ベテランガードの五十嵐圭柏木真介が攻防において奮闘。5試合を終えての平均出場時間は柏木が約22分、五十嵐が24.8分とチームをけん引している。また、得点面ではニック・パーキンズがアグレッシブな動きを見せており、ラモント・ハミルトンもリバウンドで貢献。三河との試合では大量得点を献上しての敗戦であったが、今村佳太の17得点に加えて、パーキンス、ハミルトンらが2ケタ得点と気を吐いた。

 今シーズン2度目となるホームゲームにて1勝目を目指す新潟。五十嵐、柏木、パーキンズ、ハミルトンといった主軸の選手だけでなく、鵜澤潤森井健太池田雄一といったバックアップメンバーたちの働きもカギになるだろう。粘り強さを見せる北海道を相手に2試合ともに混戦が予想されるが、チーム力で勝利を奪いにいく。

■ロースター
・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
柏木真介
五十嵐圭
髙橋浩平
鵜澤潤
石井峻平
森井健太
上江田勇樹
今村佳太
池田雄一
ニック・パーキンズ
ラモント・ハミルトン

・北海道(ヘッドコーチ:内海知秀)
橋本竜馬
ケネディ・ミークス
マーキース・カミングス
ファイ・パプ月瑠
中野司
多嶋朝飛
折茂武彦
市岡ショーン
桜井良太
マーク・トラソリーニ
内田旦人
川邉亮平
松島良豪

この試合の他の記事