2019.12.13

両チームの調子は対照的、京都ハンナリーズは連敗を脱出できるか

国内外のバスケ情報をお届け!

京都ハンナリーズvs宇都宮ブレックス(@島津アリーナ)
第1戦:12月14日18時5分、第2戦:12月15日14時5分

 今シーズンの初対戦となる京都ハンナリーズ宇都宮ブレックスの一戦が京都のホーム、島津アリーナで行われる。ちなみに昨シーズンの対戦成績は1勝1敗と星を分けている。

 京都は11月2日の千葉ジェッツ戦を最後に白星から遠ざかり、現在8連敗中。前節の琉球ゴールデンキングス戦では8点差で迎えた第4クォーターに13-25と突き放され、最終的に20点差をつけられた。相手に49個のリバウンドを許し、ゴール下を支配された恰好だ。ジュリアン・マブンガは21得点10リバウンド11アシストの“トリプルダブル”を達成したものの、ジェシー・ゴーバンは京都デビュー戦で8得点5リバウンドと今一つだった。

 一方の宇都宮は8連勝中と絶好調。ライアン・ロシターが帰化選手として初めて登録された秋田ノーザンハピネッツ戦は、第1クォーターで19-8、第2クォーターで19-10と前半で点差を広げ、81-63で勝利を収めた。ロシターが19得点10リバウンドを挙げれば、ジェフ・ギブスは9得点6リバウンドをマーク。喜多川修平山崎稜はともに3本の3ポイントを沈めるなど躍動したが、外国籍選手のシャブリック・ランドルフは約8分30秒のプレータイムで2得点3リバウンドにとどまった。

 今季の戦績は対照的な両チームによる激突だが、過去3シーズンの直接対決では京都が4勝2敗とわずかに上回っている。比較的相性のいい相手から勝利を奪い、嫌な流れを早く断ちきりたいところだ。

 京都はビッグマンの活躍がカギになるだろう。宇都宮は先発のロシターやギブスがファウルトラブルになったり、不調だったりしても、ベンチには竹内公輔、ランドルフと経験豊富なベテランが控えている。外国籍選手や永吉佑也は、ファウルに気をつけながらも辛抱強く戦う必要があるだろう。

■ロースター
・京都(ヘッドコーチ:浜口炎)
ジェシー・ゴーバン
中村太地
村上直
綿貫瞬
鶴田美勇士
岡田優介
玉木祥護
松井啓十郎
ジュリアン・マブンガ
内海慎吾
永吉佑也
デイヴィッド・サイモン

・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
比江島慎
遠藤祐亮
竹内公輔
田原隆徳
渡邉裕規
鵤誠司
橋本晃佑
ライアン・ロシター
栗原貴宏※インジュアリーリスト
山崎稜
喜多川修平
シャブリック・ランドルフ