2018.04.12

3x3W杯2018の組み合わせが発表、男子日本代表は強豪スロベニアやポーランドと同組に

前回大会の男子はセルビアが優勝を果たした(中)[写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月10日、6月8日から12日にかけてフィリピンのマニラで開催される「FIBA 3x3 ワールドカップ 2018」の組み合わせが発表された。

 男女各20チームずつ参加する同大会は、まず4グループに分かれて予選を行う。日本代表は男子のみの出場となり、ポーランドや2016年のヨーロッパチャンピオンであるスロベニア、エストニア、エクアドルと同じプールBとなった。また、前回王者のセルビアと準優勝のオランダは同じプールAに入った。

 女子では、前回大会優勝のロシアがアンドラ、イラン、アメリカ、ウガンダと同組のプールB。開催国のフィリピンはハンガリー、オランダ、ドイツ、スペインと強豪がそろうプールDに入った。

■FIBA3x3アジアカップ2018 予選プール組み合わせ
【男子】
・プールA
セルビア、オランダ、ルーマニア、ニュージーランド、キルギス
・プールB
スロベニア、ポーランド、エストニア、日本、エクアドル
・プールC
ロシア、ブラジル、モンゴル、カナダ、フィリピン
・プールD
ラトビア、ウクライナ、クロアチア、ヨルダン、ナイジェリア

【女子】
・プールA
ベネズエラ、チェコ、イタリア、マレーシア、トルクメニスタン
・プールB
中国、フランス、カザフスタン、スイス、アルゼンチン
・プールC
アンドラ、ロシア、イラン、アメリカ、ウガンダ
・プールD
ハンガリー、オランダ、ドイツ、スペイン、フィリピン