2020.01.21

島根スサノオマジックは勝率で並ぶチャンス、難敵を退けるにはベンチ組の活躍が不可欠

国内外のバスケ情報をお届け!

島根スサノオマジックvs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@松江市総合体育館)

1月22日19時5分

 西地区最下位からの脱出に向けてギアを上げたい島根スサノオマジックにとって、前節の京都ハンナリーズ戦は惜しい星を落とす結果となった。第2クォーターに28得点を挙げながらも試合は競った展開で進み、第4クォーターは一時9点ビハインドを背負ったところから残り21秒に2点差まで迫ったが、ひっくり返すには至らず3点差に泣いた。課題のターンオーバーは9個に抑えることができたが、そのうち4個が第4クォーターで、後半は31得点止まり。勝負どころでやや詰めが甘くなってしまった感は否めないが、久しぶりにスターターに名を連ねた佐藤公威のパフォーマンスが良かった点はチームにとっても好感触だったはずだ。

 その島根に星1つの差まで迫られていた名古屋ダイヤモンドドルフィンズも、前節は地区首位の大阪エヴェッサに力負けし、島根との差は変動なし。第1クォーターが12-12とロースコアな展開になるかと思いきや、第2クォーターで13-27と引き離されると、第3クォーターも31失点とディフェンスが崩壊。この時点で24点差がつき、第4クォーターの31得点の反撃も焼け石に水だった。数少ない好材料は西田優大がデビュー2戦目の13得点に次ぐ9得点を挙げたことと、菊池真人が第4クォーターに3本の3ポイントを決めたことくらい。島根戦は今季3度の対戦をすべて制しており、仮に今節敗れて勝率で並んでも順位が入れ替わることはないが、連敗はついに10に達することになり、地区首位から最下位まで下がってしまう危機であることに変わりはない。

 今季の名古屋Dは昨季に比べて得点が伸び悩んでいるが、特に9連敗中は第1クォーターで12得点以下が4試合あり、試合の入りで主導権を奪われている。スターターに、特にオフェンス面での奮起が求められる状況だ。一方の島根は前節の詰めの甘さを克服し、40分間我慢できるかどうかが問われる。こちらはベンチ組の踏ん張りに期待したい。

■ロースター
・島根(ヘッドコーチ:鈴木裕紀)
佐藤公威
後藤翔平
ロバート・カーター
山下泰弘
北川弘
坂田央
阿部諒
相馬卓弥
納見悠仁※特別指定
安部潤
ドゥワン・サマーズ
ブライアン・クウェリ
頓宮裕人
神里和
大﨑翔太※特別指定選手

・名古屋D(ヘッドコーチ:梶山信吾)
小林遥太
満田丈太郎
イシュマエル・レーン
菊池真人
張本天傑
安藤周人
中東泰斗
笠井康平
中務敏宏
西田優大※特別指定
ヒルトン・アームストロング
笹山貴哉
ジャスティン・バーレル
木下誠