2021.01.26

このまま地区首位を走りたい宇都宮ブレックスに対し、アルバルク東京が待ったをかけられるか

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

宇都宮ブレックスvs アルバルク東京(@ブレックスアリーナ宇都宮)

1月27日19時25分

 今シーズンの両者の対戦成績は、宇都宮ブレックスの3戦負けなし。レギュラーシーズン最後の対決でも宇都宮が制するか、それともアルバルク東京が1勝をもぎ取るか。注目カードの舞台はブレックスアリーナ宇都宮だ。

 前節の宇都宮ブレックスは、千葉ジェッツ相手にほぼ完璧に近いパフォーマンスを見せて東地区単独首位に立った。GAME1では第2クォーター終盤に9点のランを記録してハーフタイムを迎えると、後半の立ち上がりもその流れを維持して一気に20点差をつけ快勝。GAME2では前半で2ケタリードを作り、最終スコア88−76。2戦を通じて堅守からリズムを掴み、攻撃では遠藤祐亮喜多川修平の3ポイントシュートが効果的だった。

 また、少ない時間ながらもポイントで田臥勇太を起用できる点も、今の強さを支えていると言える。今節もホームで戦える宇都宮。前節掴んだ確かな自信を胸に、対A東京戦4連勝を飾って東地区で一歩抜け出したいところだ。

 A東京は前節、敵地で島根スサノオマジックと対戦。第1戦は86−64、第2戦では90−55で大勝し白星を積み上げた。この2戦では小島元基が今シーズン初スタメンとなり、2戦合計27得点8アシストと起用に応えた。また、須田侑太郎が第13節以来となる出場を果たこともチームにとっては大きい。1月21日に負傷が発表された小酒部泰暉に代わり、今後のキーマンの1人となりそうだ。

 宇都宮戦では、前節ベンチスタートとなりプレータイムを抑えることができた安藤誓哉に注目。彼のキャプテンシーとゲームメイク、そしてここ一番での勝負強さが宇都宮撃破には必要だ。

文=小沼克年

■ロスター

・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)

田臥勇太

ジェフ・ギブス

LJ・ピーク

比江島慎

テーブス海

遠藤祐亮

竹内公輔

荒谷裕秀 ※特別指定

渡邉裕規

鵤誠司

ライアン・ロシター

喜多川修平

ジョシュ・スコット

星川堅信 ※特別指定

・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)

デション・トーマス

小島元基

安藤誓哉

ケビン・ジョーンズ

吉井裕鷹 ※特別指定

ザック・バランスキー

須田侑太郎

菊地祥平

竹内譲次

平岩玄

田中大貴

津山尚大

アレックス・カーク

小酒部泰暉 ※特別指定

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO