2022.05.09

茨城ロボッツの遥天翼が現役引退を表明「茨城で最後までプレーできたのはすごく幸せ」

遥天翼が今季で現役引退[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 茨城ロボッツは8日、遥天翼が今シーズン限りで現役を引退すると発表した。

 中国出身で日本国籍を保有する同選手は、現在33歳。2011年に東海大学から三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ(現名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)へ入団し、熊本ヴォルターズ新潟アルビレックスBBライジングゼファー福岡、東京サンレーヴス(現しながわシティバスケットボールクラブ)を経て2020年に茨城へ加入した。

 今シーズンは11試合の先発を含む46試合に出場。47得点(平均1.0得点)48リバウンド(同1.0リバウンド)24アシスト(同0.5アシスト)10スティール(同0.2スティール)をマークした。

 遥は発表にあたり、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

「今シーズンも応援ありがとうございました。バスケットを初めて24年、プロになって11年が終わりました。今日で引退することにしました。悔いはないです。ただちょっと寂しさが…。

このメンバーと最後まで戦えたことが誇りで、昇格を決めた瞬間も、8人で戦った秋田に勝った瞬間も、これから引退しても忘れません。茨城ロボッツで最後までプレーできたことはすごい幸せでした。

最後まで遥天翼として接してもらえるように、遥天翼としてプレーできるように応援してもらいたくて、チームメートも含めて今まで黙っていました。そんな僕を許して下さい」

BASKETBALLKING VIDEO