2022.09.07

三遠ネオフェニックス、中京大の高橋快成が特別指定選手として加入…GM「即戦力として期待」

三遠が高橋の加入を発表
国内外のバスケ情報をお届け!

 三遠ネオフェニックスは7日、中京大学の高橋快成が2022-23シーズンの特別指定選手として加入することを発表した。

 現在19歳の高橋は、176センチ76キロのポイントガード。富田高校(岐阜県)在籍時にB3リーグの岐阜スゥープスでデビューを飾ると、進学した中京大では7月に行われた「全日本大学バスケットボール新人戦(プレ大会)」で優秀選手賞、アシスト王を受賞した。

 アルバルク東京琉球ゴールデンキングスの練習にも参加した経験がある同選手は、三遠の公式HPを通じて「この度、三遠ネオフェニックスに特別指定選手として加入しました高橋快成です。今回は、この様なありがたいお話をいただき、関係者の皆様に感謝致します。今後はチーム一丸となって全力で戦い、ブースターの皆様にひとつでも多く喜んでもらえるよう頑張りますので、引き続き三遠ネオフェニックスの応援を宜しくお願いします」と意気込みを語った。

 また、秦アンディ英之ジェネラルマネージャーは次のようにコメントした。

「大野ヘッドコーチをはじめ、チーム内の編成会議で協議した際には、高橋選手の今までの実績や現状のプレーレベル、そして将来性を高く評価しました。同時に、普段からの考え方や練習へのアプローチする姿勢、将来への自分自身としてのビジョンを明確に持っており、プロ選手として必要な資質も、高く評価しました」

「また、今まで関わって来られた関係者からも、その人間性、選手としての評価もしっかり聞き取りをし、同様な評価をされていたことも大きな検討要因として活用させていただきました。三遠ネオフェニックスとしては、即戦力として、今後のチームリーダーとして、更にBリーグのみならず、日本のバスケットボール界を背負って行く人材として、大いに期待したいと思います。皆様も、応援の程宜しくお願い致します」

BASKETBALLKING VIDEO