2020.07.09

香川ファイブアローズ、オーストラリア出身のビックマン獲得を発表

香川ファイブアローズへの入団が決まったヴァーグ(写真は2019年のもの)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月9日、香川ファイブアローズはリース・ヴァーグとの契約合意を発表した。

 オーストラリア出身で現在24歳の同選手は、206センチ104キロのパワーフォワード。2013−14シーズンにオーストラリアのセミプロリーグでプロキャリアをスタートした。その後、育成契約などを経て同国のプロリーグで2018年に正規契約を獲得。2019-20シーズンはニュージーランドのプロリーグでもプレーし、18試合に出場。平均出場時間32分3秒を記録し、303得点(平均16.8得点)をマークした。

 今回の発表に際し、ヴァーグはクラブ公式HPを通じて「この度、香川ファイブアローズに入団でき、自身のキャリアで初となる日本でのプレーを非常に楽しみにしています。このクラブに関してたくさんの素晴らしいことを聞いていますし、ポール・ヘナレHCについても彼がオーストラリアにいる時からよく知っています。シーズンが始まり、クラブの皆さんやファンの皆さんと早くお会いしたいですし、ファイブアローズにとって再び素晴らしいシーズンになるよう力になりたいと思います」とコメントしている。