2016.12.24

初出場の富山工業が鳴門渦潮に勝利、土浦日大や浜松学院も2回戦へ/ウインターカップ男子1回戦

初出場の富山工業が2回戦進出を決めた [写真]=大澤智子
国内外のバスケ情報をお届け!

 JX-ENEOSウインターカップ2016 平成28年度 第47回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会の男子1回戦が12月24日に東京体育館で行われた。

 興南高校(沖縄県)と光泉高校(滋賀県)の一戦は、前半を25-25で折り返す拮抗した展開に。それでも第3ピリオドに24点、最終ピリオドに21点を重ねた興南が、70-57で勝利を収めた。

 初出場同士の対戦となった県立富山工業高校(富山県)vs県立鳴門渦潮(徳島県)は、第1ピリオドに8点のリードを奪った富山工業が54-47で競り勝った。飴谷由毅が16点23リバウンド4アシストと大活躍し、チームを2回戦に導いた。

 2度目の優勝を目指す土浦日本大学高校(茨城県)は東海大学付属諏訪高校(長野県)を86-59で退け、高知中央高校(高知県)の待つ2回戦に進出。U-18日本代表の杉本天昇は初戦から31点14リバウンド4スティールの大活躍を見せた。

 15年ぶり14回目の出場となった浜松学院高校(静岡県)は、松江西高校(島根県)を100-83で下した。最終ピリオドで松江西に30点を与えたものの、負けじと26点を重ねて初戦突破を決めた。

 なお、1回戦の全試合が終了してベスト32が決定。2回戦は25日に行われ、決勝は29日に開催される。

【1回戦4試合 試合結果】
興南 70-57 光泉

県立富山工業 54-47 県立鳴門渦潮

土浦日本大学 86-59 東海大学付属諏訪

浜松学院 100-83 松江西