2018.02.19

【NBA】リーグトップでオールスターブレイクを迎えたジェームズ・ハーデン「今季のロケッツはこれまでプレーしてきたチームの中でベストの1つ」

チームの現状には、ここまで満足しているというハーデン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

主力の欠場がある中、リーグトップの成績を記録

 10連勝でオールスターブレイクを迎え、ゴールデンステート・ウォリアーズを0.5ゲーム差で上回り、リーグトップに立ったヒューストン・ロケッツ。

 大黒柱ジェームズ・ハーデンをはじめ、クリス・ポールエリック・ゴードン、トレバー・アリーザ、クリント・カペラを軸に勝ち星を量産している。

 2月19日(現地時間18日)、現地メディア『USA TODAY Sports』の取材に対し、ハーデンは「現在のロースターとパフォーマンスの面から見れば、このチームは俺がこれまでプレーしてきた中でもベストチームの1つだと思ってる。そして俺たちのゴールはチャンピオンシップを勝ち取ることなのは明らかだ」と語った。

 もっとも、ロケッツはここまでずっと、ベストメンバーで戦ってきたわけではない。ポールが18試合、アリーザが13試合、ハーデンは7試合、ゴードンが6試合、カペラは5試合を欠場しているからだ。

 そんな中、勝率5割以下のチームに対して22勝4敗、勝率5割を上回るチームに対しても22勝9敗と好成績を残している点は評価に値する部分と言っていい。

 ハーデンは新加入したベテランのポールに対して「俺たちはそろって競争力が激しく、勝利を欲している。それにバスケットボールをよく理解している。だから一緒にプレーしていてとてもハッピーだ」と賛辞を送った。そして少し笑みを浮かべながらこう続けた。

加入1年目のポール(右)だが、ハーデン(左)らチームメートと見事なチームケミストリーを構築している[写真]=Getty Images

 「まだシーズンの半分しかプレーしていないけど、信じられないよ。俺たちは、まるで長い間ずっと一緒にプレーしてきたかのように感じるくらいなんだ。彼とチームメートでいることができるのはすばらしいことだし、とても楽しい。ファンにとっても、エキサイティングだろうね」。

プレーオフに向けて戦力増強し、盤石の態勢で終盤戦へ

 そんな中、ロケッツはジョー・ジョンソンとブランドン・ライトという、2人のベテランを加えた。キャリア17年目のジョンソンは36歳の大ベテランで、キャリア平均16.2得点4.0リバウンド4.0アシストという実績を持つ。ライトは208センチのビッグマンで、キャリア平均7.0得点3.6リバウンドをマークしている。そしてジョンソンには112試合、ライトには12試合のプレーオフ出場経験がある。

 「俺たちは彼らが必要だった。プレーオフの経験を持っている選手だからね。俺たちは何よりも勝ちたいだけなんだ。これで俺たちのチームは、全員がハングリーであり、ハイレベルな争いに立ち向かう準備ができたと思う」とハーデン。そしてロースターに対してハーデンはこう続けた。

 「俺たちのチームは実にいい選手層を誇っている。このチームは、誰がコートに入っても、しっかりと仕事をこなすことができる。これは出場時間が少なくなるともいえるけど、エキサイティングなことだ」と自信を見せている。

 リーグベストの勝率を残しながら、ロケッツから今年のオールスターに出場するのはハーデンのみ。この点も終盤戦に向けて、大きなモチベーションとなってくるに違いない。

ジョンソンという経験豊富なベテランをベンチから起用できるのはチームにとって大きい[写真]=Getty Images