2020.07.28

5年目でプレーオフ出場争いする機会を初めて手にしたブッカー/2019-20NBA通信簿選手編28

第二幕でキャリア初のプレーオフ出場を狙うブッカー[写真]=Getty Images
NBA好きが高じて飲食業界から出版業界へ転職。その後バスケットボール雑誌の編集を経てフリーランスに。現在はNBAやBリーグのライターとして活動中。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿選手編28 デビン・ブッカー

所属:フェニックス・サンズ(ウェスタン・カンファレンス13位)
総合評価:A

■プロフィール
生年月日(年齢):1996年10月30日生まれ(23歳)
ポジション:ガード
身長/体重:196センチ/95キロ
NBAキャリア:5年目
  
<今季ここまでの功績>
オールスター選出(初/デイミアン・リラードの代替)

<2019-20シーズン 個人成績>
平均出場時間:36.1分(リーグ4位)
平均得点:26.1得点(リーグ10位)
平均リバウンド:4.2本
平均アシスト:6.6本(リーグ19位)
平均スティール:0.7本
平均ブロック:0.3本
フィールドゴール成功率:48.7%
3ポイント成功率:36.0%
フリースロー成功率:91.6%(リーグ2位)

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:42分27秒(19年12月6日/対ペリカンズ)
得点:44得点(同上)
リバウンド:12本(19年11月24日/対ウルブズ)★
アシスト:12本(20年3月7日/対ブレイザーズ)
スティール:3本(20年1月11日/対マジック)
ブロック:2本(20年3月9日/対バックス)
フィ―ルドゴール成功数:15本(19年11月5日/対シクサーズ)
3ポイント成功数:6本(19年10月31日/対ウォリアーズ)★(キャリアハイタイ)
フリースロー成功数:15本(19年12月31日/対ブレイザーズ)
★=キャリアハイ

リング下で72.3%の成功率を残したほか、ミドルレンジでも47.2%という高確率でショットを沈めた[写真]=Getty Images

代替ながら初のオールスター出場を果たしたリーグ屈指のスコアラー

 開幕前、キャリア5年目を迎えたスコアラーは『SiriusXM NBA Radio』へ出演して今季のロースターについてこう評していた。

「ここまで多くのことが異なってくるのは僕のキャリアの中で初めてなんだ。僕らには今、プレーオフ経験を持った選手たちがロースターにいる。リッキー・ルビオやダリオ・シャリッチ、アーロン・ベインズはここ数年、プレーオフを経験してきた選手たちであり、僕ら(若手選手たち)よりも少し年が上なくらいだから、実戦のコートに立つ代わりにその経験を話してくれるんだ」。

 そして「僕はもう、50得点することにはまったく興味がない。今は本当に、勝利するために自分ができる全てのことを注ぎ込みたいし、プレーを遂行していきたいと思ってる。そしてリーダーシップを発揮してチームをまとめていきたいんだ」と宣言。

 ブッカー率いるサンズは、2戦目からディアンドレ・エイトンがNBAとNBPA(NBA選手会)が定める反薬物プログラムの規定に違反となり、25試合の出場停止処分となる中、ベインズの踏ん張りもあって10試合を終えて6勝4敗、20試合終了時点で9勝11敗と奮戦。

 だがベインズの離脱もあり、12月中旬から8連敗を喫するなど黒星先行となり、ウェスト13位の26勝39敗(勝率40.0%)でシーズン中断を迎えた。負け越しているとはいえ、8位のメンフィス・グリズリーズと6.0ゲーム差だったことから、第二幕への出場権を手にした。

 デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)がケガのため欠場となり、その代替選手として初のオールスター出場を果たしたブッカーは、ここまでフィールドゴールとフリースローの成功率でいずれも自己ベストを残しており、2シーズン連続でリーグトップ10に入る平均得点を記録。

 ブッカー率いるサンズが2010年以来初となるプレーオフ出場を果たすことは厳しい状況にあることは変わりない。だがこのチームは昨季までの4シーズンというもの、いずれも勝率30.0%未満だったことを考えると、今季はチームとして成長を見せていたと言っていいだろう。

今年のオールスターでは本戦出場のほか、3ポイントコンテストにも出場[写真]=Getty Images

第二幕を前に「自分のゲームを新たなレベルへ、そしてこのチームを次のレベルへと引き上げるようにトライしていく」と宣言

 バブルと称される開催地へ乗り込むにあたり、サンズはルビオとベインズが新型コロナウイルスの検査結果で陽性反応が出ていた。ルビオはすでにチームへ合流しており、スクリメージ(練習試合)にも出場。

 一方のベインズは新型コロナから回復し、28日にようやくオーランド入りしたため、シーディングゲーム(順位決定戦)の初戦となる8月1日のワシントン・ウィザーズ戦に間に合うかどうかという状況にある。

 7月14日。チーム練習を終えたブッカーは、相棒のビッグマン、エイトンとの関係について「僕らは今も互いに関係を築いている最中なんだ。このリーグでは若い部類だしね。僕は彼のことをもっと知ろうとしているし、彼も僕のことを理解しようとしているんだ」と話しており、サンズを率いるデュオとして成長を続けている。

 シーディングゲームについても「僕はただ、自分のゲームを新たなレベルへ、そしてこのチームを次のレベルへと引き上げるようにトライしていく」と意気込む。

 ブッカーは24日のユタ・ジャズ戦で約20分に出場して13得点3アシスト、27日のボストン・セルティックス戦では約26分で17得点4リバウンド9アシストをマーク。サンズは29日にトロント・ラプターズとのスクリメージ3戦目をこなし、シーディングゲームを迎えることとなる。

 第二幕は『Zoom』を用いて会場にファンが画面上で声援を送ることになるものの、NBAとしては異例の無観客試合として戦っていくのだが、ブッカーは「バスケットボールに変わりはない」と切り出し、こう続けている。

「確かにちょっと違う雰囲気になるとは思う。でも僕はこれまでに経験したことがあるんだ。空っぽのジムでプレーしたことだってある。またコートでやり合う機会を手にしたこと、それこそが僕にとって楽しみにしていることなんだ」。

 NBAキャリアの中で、プレーオフ出場のチャンスを初めて手にしたブッカーにとって、失うものなど何もない。リーグ有数のミドルレンジゲームの使い手は、第二幕でもスコアリングショーを開演し、プレーオフチーム相手であろうと好勝負を演じてくれると期待したい。

第二幕でも持ち味であるミドルレンジジャンパーを武器にサンズを勝利へと導けるか?[写真]=Getty Images

2019-20NBA通信簿選手編のバックナンバー