2021.04.21

ネッツとニックスがユーロリーグで活躍するPGマイク・ジェームズ獲得に関心あり

ここ2シーズン、CSKAモスクワでプレーしているジェームズ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月20日(現地時間19日、日付は以下同)。ブルックリン・ネッツとニューヨーク・ニックスが、ユーロリーグで活躍するポイントガード獲得に興味を示していると『NEW YORK POST』が報じた。

 男の名はマイク・ジェームズ。オレゴン州ポートランド出身の185センチ85キロの30歳は、ドラフト外でスペインやギリシャのクラブでプレーし、2017-18シーズンにはフェニックス・サンズとニューオーリンズ・ペリカンズで計36試合に出場し、平均19.1分9.3得点2.5リバウンド3.5アシストをマーク。

 翌18-19シーズンにはイタリア、ここ2シーズンはロシアのCSKAモスクワでプレーしており、今季はユーロリーグで平均31.2分19.3得点3.1リバウンド5.7アシストを残していたものの、コーチとの対立によって今季を終えていた。

 

 『Eurohoops』はネッツとジェームズがすでに合意に達しており、ニックスも獲得へ関心ありと報じているという。

 レギュラーシーズンも残り1か月を切っているため、この時期に新加入選手をロースターへ加えることはリスクとも言えるのだが、戦力増強を狙う両チームが獲得に動いているようだ。

BASKETBALLKING VIDEO