2022.01.13

今季勝率5割以上をキープするキャブズがコービー・アルトマンGMとの延長契約に合意

2017年当時のアルトマンGM[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月13日(現地時間12日、日付は以下同)。クリーブランド・キャバリアーズがコービー・アルトマンGM(ゼネラルマネージャー)と延長契約を結んだことを発表した。『ESPN』によると、契約期間は2027-28シーズンまでになるという。

 17年7月からキャブズのGMとなったアルトマンは、昨季まで3シーズン連続でプレーオフ進出を逃がしているチームを再び軌道に乗せており、シカゴ・ブルズのアルトゥラス・カルニショバス(バスケットボール運営部門エグゼクティブバイスプレジデント)、メンフィス・グリズリーズのザック・クレイマンGMと共に、今季の最優秀エグゼクティブ賞の有力候補となっている。

 アルトマンはキャブズのGMとして、19年のドラフト1巡目全体5位でガードのダリアス・ガーランド、21年のドラフト1巡目全体3位でビッグマンのエバン・モーブリー、そして昨季途中にはジャレット・アレンというもう1人のビッグマンをトレードで加え、現チームの核となる選手たちを獲得。

 今季は生え抜きのコリン・セクストン、ベテラン司令塔のリッキー・ルビオがそれぞれケガのため今季絶望となるなか、トレードでラジョン・ロンドを加えたほか、ケビン・ラブラウリ・マルッカネン、ジェディ・オスマン、アイザック・オコロといった選手たちが奮戦している。

 13日にはユタ・ジャズを111-91で下し、24勝18敗でイースタン・カンファレンス6位と、プレーオフ進出圏内をキープする躍進を続けている。

 キャブズは昨年12月26日にJB・ビッカースタッフHC(ヘッドコーチ)とも26-27シーズンまで延長契約を結んでおり、GMと指揮官を長期間に渡って契約下におくこととなった。

BASKETBALLKING VIDEO