2018.04.11

レバンガ北海道が平均入場者数で栃木ブレックスを追い抜く、Bリーグがマンスリーレポートを公表

北海道は第26節終了時点で、1試合平均入場者数3726人を記録[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月4日、BリーグがB1リーグ第26節終了時点での「B.LEAGUE Monthly Marketing report」を公表した。

 本レポートでは入場者数やSNSフォロワー数などの数値を記載。B1の入場者数はここまで平均2830人で昨年比105パーセントと微増にとどまったが、B2は同1520人で昨年比134パーセントを記録している。

 クラブ別では、引き続き千葉ジェッツが1試合平均5182人で断トツの1位。しかし、次ぐ2位はレバンガ北海道が3726人で、栃木ブレックスの3579人を超える結果となり、昨シーズンの7位(2796人)から著しい成長を見せている。4位以下は琉球ゴールデンキングス(3296人)、横浜ビー・コルセアーズ(3207人)、新潟アルビレックスBB(3105人)と続き、最少は西宮ストークスの1857人。B2では秋田ノーザンハピネッツが最多の2900人を記録している。

 また、Twitter、Facebook、Instagramを含めたBリーグのSNS総フォロワー数は1日時点で40万4659人となり、Twitterは20万人(20万2677人)を突破。LINEに至っては約426万人に達している。