2018.06.13

秋田ノーザンハピネッツ、23歳の小野寺祥太が契約合意…在籍2季目へ

今季は56試合の出場で平均7.8得点をマーク [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 秋田ノーザンハピネッツは6月12日、小野寺祥太が2018-19シーズンの選手契約に合意したことを発表した。

 現在23歳の小野寺は、183センチ73キロのポイントガード。盛岡南高校を卒業し、2013年7月に練習生として岩手ビッグブルズへ入団した。地元クラブで計4シーズン過ごし、秋田へ移籍。今季のレギュラーシーズンは36試合の先発を含む56試合に出場すると、437得点(1試合平均7.8得点)を記録した。

 秋田での在籍2季目を迎える小野寺は、クラブの公式HPで「2018-2019シーズンも秋田ノーザンハピネッツでプレーできることに感謝します。来シーズンはB1ということで更にレベルアップが必要になると思います。しっかりとチームのために、秋田のためにプレーできるように頑張りますので応援よろしくお願いします!」とコメントした。

 なお、クラブは12日時点で、中山拓哉白濱僚祐との契約合意も済ませている。