2019.01.28

富樫勇樹が快挙、リーグ出場145試合目に通算300本目の3P成功

千葉の富樫がBリーグ通算300本目の3ポイントシュートを成功 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 千葉ジェッツに所属する富樫勇樹が、1月27日に行われたB1リーグ第21節第2戦の富山グラウジーズ戦で、Bリーグ出場145試合目にして個人通算300本目の3ポイントシュートを成功させた。

 前日の第1戦では3ポイント成功率が20パーセントと低迷し、300本達成まで残り4本としていた。しかし第2戦では、第1クォーター開始2分で1本目の3ポイントを成功させるなど好調な滑り出し。記録達成まで残り「1」と迫った第3クォーター残り3分2秒、かつての戦友である阿部友和のディフェンスを振りきり、長距離砲を突き刺した。富樫は試合をとおして計5本の3ポイントを含む25得点を挙げ、チームの勝利に大きく貢献した。

 現在25歳の富樫は、167センチ65キロのポイントガード。中学卒業後はモントロス・クリスチャン高校に進学し、秋田ノーザンハピネッツ、テキサス・レジェンズを渡り歩き、2015年から千葉に在籍する。今シーズンは第21節を終えて全35試合すべてに先発出場し、305得点(1試合平均14.4得点)を記録している。

この試合の他の記事