2019.02.27

茨城ロボッツが東地区2位に再浮上、西地区は上位2チームが30勝に到達/B2第23節

23節を終え、東地区、西地区は混戦が続いている [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月21日から24日にかけて各地でB2リーグ第23節が行われた。

 東地区4位の山形ワイヴァンズは西地区3位の広島ドラゴンフライズと対戦。1戦目は第4クオーターで5点差をひっくり返して勝利を挙げたが、2戦目で敗れて痛み分けに終わった。また、茨城ロボッツ青森ワッツに連勝したことで、仙台89ERSから東地区2位の座を取り戻した。

 中地区は上位3チームが順当に連勝を挙げた一方で、下位3チームが連敗とゲーム差が大きく広がる結果となった。

 熊本ヴォルターズ島根スサノオマジックの上位2チームが連勝し、両チームともシーズン30勝の大台に乗った西地区。5位を争うバンビシャス奈良香川ファイブアローズの戦いは、ホームの声援を力に変えた香川が勝利を挙げ、ゲーム差が「3」に縮まった。

■B2リーグ第23節終了時点
・東地区
1位:群馬クレインサンダーズ(32勝11敗)
2位:茨城ロボッツ(28勝15敗)
3位:仙台89ERS(26勝17敗)
4位:福島ファイヤーボンズ(18勝25敗)
5位:山形ワイヴァンズ(17勝26敗)
6位:青森ワッツ(12勝31敗)

・中地区
1位:信州ブレイブウォリアーズ(35勝8敗)
2位:Fイーグルス名古屋(28勝15敗)
3位:西宮ストークス(22勝21敗)
4位:金沢武士団(17勝26敗)
5位:アースフレンズ東京Z(15勝28敗)
6位:東京八王子ビートレインズ(7勝36敗)

・西地区
1位:熊本ヴォルターズ(31勝12敗)
2位:島根スサノオマジック(31勝12敗)
3位:広島ドラゴンフライズ(28勝15敗)
4位:愛媛オレンジバイキングス(17勝26敗)
5位:バンビシャス奈良(13勝30敗)
6位:香川ファイブアローズ(10勝33敗)