2019.04.14

後半で突き放した名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、27点差で滋賀レイクスターズを退ける

19得点をマークした安藤周人 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月14日にドルフィンズアリーナにてB1リーグ第35節第2戦が行われ、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ滋賀レイクスターズと対戦した。

 第1クォーター開始2分16秒に決まった安藤周人のフリースローを皮切りに、ヒルトン・アームストロング、ジャスティン・バーレルの得点で連続9得点をマーク。計21得点を積みあげた。続く第2クォーターは反撃に遭うも、リードは渡さず42-36で試合を折り返した。

 後半はディフェンスが機能して滋賀の攻撃を10得点に抑えると、アームストロング、バーレルを中心に攻めて67-46と一気にリードを広げた。続く第4クォーターでも相手を上回る計25点を記録し、最終スコア92-65でタイムアップ。名古屋Dが第1戦のリベンジに成功した。

【試合結果】
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 92-65 滋賀レイクスターズ(@ドルフィンズアリーナ)
名古屋D|21|21|25|25|=92
滋 賀 |12|24|10|19|=65