2019.04.26

レギュラーシーズン終了、“No.1タフシューター”はガードナーに決定

『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』を集計。新潟のダバンテ・ガードナーが最多9度ノミネートされた [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月21日をもってB1リーグの2018-19レギュラーシーズンが終了し、26日に上位8チームによる「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」が幕を開ける。

 今回は各節ごとに発表されている『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』を集計。5位までを発表する。(※オールスターでの選出は除く)

1位:ダバンテ・ガードナー新潟アルビレックスBB)9回
 新潟を初の中地区優勝、チャンピオンシップ進出に導いた大黒柱が“ナンバーワンタフシューター”。ビッグマンながら巧みな技術を兼ね備え、最終節では試合終了間際に自陣からドリブルで相手をかわしていき、劇的な逆転弾を沈めた。被ファウルの408個とフリースロー試投数の454本はいずれもリーグトップ。いかに止められない選手だったかを物語っている。

2位:富樫勇樹千葉ジェッツ)、馬場雄大アルバルク東京)7回

日本代表に名を連ねる富樫(左)と馬場(右) [写真]=B.LEAGUE

 日本代表に名を連ねる2人が同数で2位。富樫は試合を決定づけるシュートを多く放ち、リーグ最高勝率の千葉をけん引した。勝負強さはチャンピオンシップの舞台でも注目だ。また、馬場はダンクでのランクインが大半だったが、ゴール下まで走りこんでの技ありレイアップなども目立った。

3位:アイラ・ブラウン琉球ゴールデンキングス)、ジャスティン・バーレル名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)、並里成琉球ゴールデンキングス)5回

豪快なダンクを見せ続けたアイラ・ブラウン [写真]=B.LEAGUE

 ケガでの欠場などがあり、ブラウンは38試合、バーレルは28試合の出場にもかかわらず5度の選出。並里は技術力を活かしたレイアップやジャンプシュートでのノミネートが多かった。

4位:カディーム・コールビー秋田ノーザンハピネッツ)、マイケル・パーカー千葉ジェッツ)、藤井祐眞シェーン・エドワーズ(ともに川崎ブレイブサンダース)、デイヴィッド・サイモン京都ハンナリーズ)4回

今季平均8.9得点を記録した藤井 [写真]=B.LEAGUE

 ビッグマンが名を連ねる中、シックスマンとして活躍する藤井が4度の選出。アグレッシブなプレーが持ち味で、鋭いドライブで相手ディフェンスを翻ろうした。

5位:渡邉裕規ライアン・ロシター(ともに栃木ブレックス)、ザック・バランスキーアルバルク東京)、篠山竜青辻直人(ともに川崎ブレイブサンダース)、川村卓也アーサー・スティーブンソン(ともに横浜ビー・コルセアーズ)、阿部友和宇都直輝(ともに富山グラウジーズ)、金丸晃輔岡田侑大(ともにシーホース三河)、ガニ・ラワル滋賀レイクスターズ)、ジェフ・エアーズ琉球ゴールデンキングス)3回

リーグ屈指のシューター、辻(左)と川村(右) [写真]=B.LEAGUE

 3度選出されたのは13人。辻や川村、金丸といったリーグ屈指のシューターが選ばれたほか、スティーブンソンやエアーズといったビッグマンも名を連ねている。