2019.12.10

開幕節以来の対戦、名古屋ダイヤモンドドルフィンズはディフェンスを立て直せるか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

名古屋ダイヤモンドドルフィンズvs島根スサノオマジック(@ドルフィンズアリーナ)
12月11日12時5分

 開幕から8勝2敗と好スタートを切った名古屋ダイヤモンドドルフィンズが、早くも“貯金”を使い果たした。宇都宮ブレックスと対戦した前節、1戦目は第1クォーターで8点リード。第2クォーターはわずか10得点ながら第3クォーターで11点差まで突き放したが、第4クォーター中盤からの相手の猛反撃に受け身に回って最大15点差を逆転されてしまった。2戦目は逆に前半の10点ビハインドから第3クォーターに中東泰斗木下誠の得点で反撃に転じるも、前日に続いて第4クォーターに主導権を奪われた。1戦目で13得点の木下が2戦目で21得点とさらに飛躍したことは明るい材料だが、安藤周人が2戦目の第1クォーター約5分でベンチに退き、その後コートに立たなかったのは気がかりだ。

 その名古屋Dに挑むのは島根スサノオマジック。11月に4勝2敗と調子を上げてきた中でサンロッカーズ渋谷をホームに迎えたが、2戦とも終始接戦を演じながらも届かなかった。1戦目は2ポイント成功率が7割に迫るなどして85得点を積みあげ、2戦目は17試合で試投数1本だったブライアン・クウェリが2本とも決めるなど3ポイントで相手を追い詰めたものの、勝負どころで攻守に詰めの甘さが出てしまった。連勝した滋賀レイクスターズに代わって西地区最下位となったが、開幕節で連敗した名古屋Dにまず1つ借りを返し、反撃へのギアを入れ直したい。

 その開幕節の対戦では1戦目が58点、2戦目が63点と得点が伸びずに屈したが、失点も72点、66点と名古屋Dに持ち味を出させなかった。島根はその後もディフェンス力をある程度維持しながら、ロバート・カーターを中心に得点は増加傾向。開幕節と同じような試合展開にはならないだろう。最近5試合中4試合で80失点を超えている名古屋Dがどこまでディフェンスを立て直してくるか、島根が中1日という強行日程でドゥワン・サマーズを出してくるかどうかに注目したい。

文=吉川哲彦

■ロースター
・名古屋D(ヘッドコーチ:梶山信吾)
小林遥太
満田丈太郎
イシュマエル・レーン
菊池真人
張本天傑
安藤周人
中東泰斗
笠井康平
中務敏宏
ヒルトン・アームストロング
笹山貴哉
ジャスティン・バーレル※インジュアリーリスト
木下誠

・島根(ヘッドコーチ:鈴木裕紀)
佐藤公威
後藤翔平
ロバート・カーター
山下泰弘
北川弘
坂田央
阿部諒
相馬卓弥
安部潤
ドゥワン・サマーズ
ブライアン・クウェリ
頓宮裕人
神里和