2020.04.29

琉球ゴールデンキングス、経験豊富な石崎巧と契約継続…今季は41試合に出場

国内外のバスケ情報をお届け!

 4月27日、琉球ゴールデンキングス石崎巧との契約継続を発表した。

 35歳の同選手は、188センチ、87キロのポイントガード兼シューティングガード。東海大学を卒業後、2007年に東芝(現:川崎ブレイブサンダース)へ入団した。2010年に島根スサノオマジックへ移籍すると、2012年から2014年にはドイツリーグでプレーした。2014年に帰国すると、名古屋ダイヤモンドドルフィンズに加入。琉球には、2017年から在籍し、今季は24試合の先発出場を含む計41試合に出場。176得点(1試合平均4.3得点)、85アシスト(同2.1アシスト)をマークした。

 契約継続が発表された同選手は、クラブ公式HPを通して「思い返してみると、4シーズン以上の期間を同じチームで過ごすのは、この仕事をする上で初めてのことになります。それだけこの場所が僕にとって特別になったということだと思います。新しいシーズン、新しいチーム、そして新しいアリーナの興奮をみなさまと共有できる日を、今から心待ちにしています」とファンにメッセージを送った。