2020.05.29

3×3日本代表候補の杉浦佑成がTOKYO DIMEと契約合意

5人制においてはSR渋谷から島根への移籍が決まった杉浦[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3人制バスケットボール「3×3」のプロチームTOKYO DIMEは29日、杉浦佑成との契約合意を発表した。

 杉浦は現在24歳で、196センチ95キロの体格を誇る。筑波大学からサンロッカーズ渋谷に進み、今シーズンのBリーグでは40試合の出場で228得点(平均5.7得点)を記録。シーズン終了後に島根スサノオマジックへの移籍が発表されている。

 また、同選手は昨年から3×3に本格参戦し、TACHIKAWA DICEではラウンド全勝優勝に貢献。日本代表として3×3アジアカップにも出場した。

 杉浦は加入に際し「先輩たちから色々なことを学び、 3x3.EXE PREMIER優勝とオリンピック出場を目指し頑張っていきます。 皆様応援よろしくお願いします」とコメントしている。

 TOKYO DIMEは東京都渋谷区を本拠地に活動している3人制バスケットボールのプロチーム。京都ハンナリーズ岡田優介、お笑い芸人の田村裕(麒麟)と大西ライオンが共同オーナーを務めており、2014、2017シーズンには日本一に輝いている。