2020.10.23

大阪エヴェッサは課題のディフェンスを改善できるか、勝敗のカギはインサイドでの争い

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

大阪エヴェッサ vs アルバルク東京(@おおきにアリーナ舞洲)

第1戦:10月24日15時5分 第2戦:10月25日15時5分

 前々節に連敗を4で止めた大阪エヴェッサは、前節島根スサノオマジックと対戦。第2クォーターにアイラ・ブラウンが攻守両面でハッスルして主導権を握ると、第4クォーターには橋本拓哉の3ポイントなどで突き放し、99得点で快勝した。ブラウンが26得点、橋本が18得点を挙げたほか、外国籍選手3人もそろって2ケタ得点をマーク。今季はここまで日本人選手の出場時間に偏りがあるのが気になるところだが、現時点の選手起用で少なくともリバウンドなどインサイドでの強さは強調できている。

 第2節と第3節を無傷の4連勝で終えたアルバルク東京の前節は、昨季地区優勝を争った宇都宮ブレックスとの今季初対決。テクニカルファウルも飛び交う意地のぶつかり合いとなったが、第4クォーターの勝負どころを含めて18本のオフェンスリバウンドを許したのが響いて黒星となった。ただ、今季7試合目にして初めて失点が80点を超えながらも、1試合平均失点でリーグ最少を維持しているのはさすがだ。

 昨季の直接対決では大阪がディフェンスで踏ん張り、連敗はしたもののロースコア勝負で粘り強く戦った。チームの躍進を証明した形だが、その昨季からロスターの半数が入れ替わり、今季の1試合平均失点は83.4点。まずディフェンスにフォーカスしなければならないのは明白であり、安定度で群を抜くアレックス・カークに対しては特に厳しいマークが必要。インサイドで優位に立つことができれば勝機が広がるはずだ。

文=吉川哲彦

■ロスター
・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
伊藤達哉
エリエット・ドンリー
土屋アリスター時生
角野亮伍
駒水大雅ジャック
中村浩陸
橋本拓哉
合田怜
ディージェイ・ニュービル
アイラ・ブラウン
ギャレット・スタツ
ジョシュ・ハレルソン

・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
ザック・バランスキー
須田侑太郎
菊地祥平
竹内譲次
平岩玄
田中大貴
津山尚大
カイル・バローン
アレックス・カーク
小酒部泰暉 ※特別指定

この試合の他の記事