2020.10.23

B1で初の“ブレイブ対決”が実現、信州ブレイブウォリアーズはホーム初勝利をもぎ取ることができるか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

信州ブレイブウォリアーズ vs 川崎ブレイブサンダース(@ホワイトリング)

第1戦:10月24日15時5分 第2戦:10月25日14時5分

 B1の厚い壁に行く手を阻まれていた信州ブレイブウォリアーズが、7試合目にして初勝利を挙げた。アウェーでの戦いとなった前節の三遠ネオフェニックス戦は終盤まで拮抗した展開となり、最後は4点差。結果的には第1クォーターで8点リードを奪ったのが効いた格好だ。開幕から好調の西山達哉はこの試合も23得点をマーク。3ポイントは今季最多の6本成功で、持ち前の集中力と勝負強さを発揮した。また、アジア枠選手として注目されたヤンジェミンがようやくBリーグデビュー。あとはウェイン・マーシャルの合流を待つのみとなっている。

 とはいえ、今節も信州の前には強敵が立ちはだかる。川崎ブレイブサンダースは5連勝で前節のサンロッカーズ渋谷戦を迎え、第3クォーターまではリードされる時間帯が多かったものの、それまで無得点だった藤井祐眞が第4クォーターに16得点を挙げる活躍を見せて勝利。チーム全体の2ポイント成功率が7割に迫るなど、ジョーダン・ヒース不在の影響も感じさせなかった。長谷川技が攻守にわたって効果的な働きを見せたことも勝因の一つだ。

 川崎は前々節にも昇格組の広島ドラゴンフライズと対戦して連勝を収めているが、1戦目は大勝したが2戦目は2点差という接戦だった。広島と同様に昨季B2を席巻した信州としても、つけ入る隙を見出して川崎を慌てさせたいところ。初めて実現する“ブレイブ対決”を制してホーム初勝利となれば、今後に向けて弾みもつくに違いない。

文=吉川哲彦

■ロスター
・信州(ヘッドコーチ:勝久マイケル)
山本エドワード
井上裕介
西山達哉
栗原ルイス
佐藤託矢
大崎裕太
増子匠
ジョシュ・ホーキンソン
ヤンジェミン
三ツ井利也
小野龍猛
ウェイン・マーシャル
アンソニー・マクヘンリー

・川崎(ヘッドコーチ:佐藤賢次)
藤井祐眞
青木保憲
篠山竜青
増田啓介
辻直人
マティアス・カルファニ
ニック・ファジーカス
大塚裕土
熊谷尚也
長谷川技
パブロ・アギラール
ジョーダン・ヒース

この試合の他の記事