2020.11.13

古縁ある両指揮官が激突…調子上向きの三遠ネオフェニックスがアルバルク東京に挑む

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

アルバルク東京 vs 三遠ネオフェニックス(@アリーナ立川立飛)

第1戦:11月14日15時5分 第2戦:11月15日15時5分

 アルバルク東京が今季初の連敗を喫した。新潟アルビレックスBBを迎えた前節の一戦は、前々節2戦目にデビューしたデション・トーマスに加えて竹内譲次も体調不良から復帰し、今季初めて全選手がそろったが、立ち上がりから相手の勢いに圧される展開。ターンオーバーは6個と少なかったがシュートの精度が低く、ディフェンスでは速攻での失点がかさみ、最後まで主導権を握れなかった。勝率で並んでいた川崎ブレイブサンダースの勝利により、順位を一つ下げて東地区5位となっている。

 対するは三遠ネオフェニックス。前節の大阪エヴェッサ戦は、11点ビハインドで迎えた第4クォーターにサーディ・ラベナの連続得点を皮切りに追い上げ、残り14秒にはついに逆転に成功したが、その後を守りきれずに悔しい1点差負けとなった。ラベナが18得点、鈴木達也が9得点10アシストの活躍を見せたが、ネナド・ミリェノヴィッチの故障欠場の影響はやはりあっただろう。京都ハンナリーズも敗れたため、最下位転落は免れている。

 今節の注目はヘッドコーチ。A東京のルカ・パヴィチェヴィッチHCはモンテネグロ出身、三遠のブラニスラフ・ヴィチェンティッチHCはセルビア出身で、2人は古くから交流があり、日本で相まみえることは双方感慨があるに違いない。最優秀HC2度の名将に立ち向かうヴィチェンティッチHCはもちろんのこと、三遠が上向いているとあってパヴィチェヴィッチHCも相当な意気込みで臨むはずだ。

文=吉川哲彦

■ロスター
・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
デション・トーマス
小島元基
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
ザック・バランスキー
須田侑太郎
菊地祥平
竹内譲次
平岩玄
田中大貴
津山尚大
アレックス・カーク
小酒部泰暉 ※特別指定

・三遠(ヘッドコーチ:ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ)
サーディ・ラベナ
山本柊輔
寺園脩斗
川嶋勇人
北原秀明
太田敦也
ネナド・ミリェノヴィッチ
山本浩太
岡田慎吾
西川貴之
鈴木達也
カイル・ハント
ステヴァン・イェロヴァツ

この試合の他の記事