2020.12.01

強豪相手に堂々たる戦いぶりを披露する信州ブレイブウォリアーズ、相手の弱みを突いて勝利を奪いたい

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

信州ブレイブウォリアーズvs 大阪エヴェッサ(@ホワイトリング)

12月2日19時5分

 B2では経験できない2週連続平日開催を経験した信州ブレイブウォリアーズ川崎ブレイブサンダースを破るなど連勝スタートだったが、その後は連敗して8日間の4試合は2勝2敗だった。今節から再び始まる2週連続平日開催で、その反省をどこまで生かせるか。次節からアウェー5連戦ということもあり、今節は弾みをつけておきたいところだ。

 前節の琉球ゴールデンキングス戦は1勝1敗。1戦目はオフェンスリバウンドを23本も許した点以外はディフェンス力を発揮でき、ヤン・ジェミンが7分に満たない出場時間で8得点を挙げるという収穫もあった見事な勝利だった。2戦目は高確率の3ポイントというお株を奪われる形で敗れたが、大きく離されることなく最終スコアも9点差。ジョシュ・ホーキンソンの不在を考えれば決して悪くない出来だ。

 大阪エヴェッサは、前節島根スサノオマジックに連勝。ディージェイ・ニュービルの終盤の連続得点で1戦目を制すると、2戦目は第2クォーターの35得点の猛攻が効いて19点差で快勝した。この2戦はニュービルに加えて橋本拓哉も得点を量産し、連勝に大きく貢献している。信州とは対照的に次節からホーム5連戦。勝ってホームに戻りたい。

 信州の次のホームゲームは第14節だが、同じ会場で相手も同じく大阪。良いイメージを持つためにフォーカスするのはやはりディフェンス。ターンオーバーの多さやフリースロー成功率の低さといった大阪の弱みを徹底的に突きたい。

 文=吉川哲彦

■ロスター
・信州(ヘッドコーチ:勝久マイケル)
山本エドワード
井上裕介
西山達哉
栗原ルイス
佐藤託矢
大崎裕太
増子匠
ジョシュ・ホーキンソン
ヤンジェミン
三ツ井利也
小野龍猛
ウェイン・マーシャル
アンソニー・マクヘンリー

・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
伊藤達哉
エリエット・ドンリー
土屋アリスター時生
角野亮伍
駒水大雅ジャック
中村浩陸
橋本拓哉
合田怜
ディージェイ・ニュービル
アイラ・ブラウン
ギャレット・スタツ
ジョシュ・ハレルソン

この試合の他の記事