2021.06.07

林翔太郎が滋賀レイクスターズに移籍「初めての滋賀県なので…」

滋賀加入が決まった林[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月7日、滋賀レイクスターズ林翔太郎選手(現・新潟アルビレックスBB)と2021-22シーズンの選手契約締結を発表した。背番号は新潟時代と同じ33番を着用する。

 北海道出身で現在25歳の同選手は、194センチ89キロのスモールフォワード。東海大学九州から2018年1月に特別指定選手として川崎ブレイブサンダースに加入し、2020-21に移籍した新潟では54試合出場で284得点(1試合平均5.3得点)114リバウンド(同2.1リバウンド)を記録した。

 今回の発表に際して、林は滋賀のクラブ公式HPを通して以下のようにコメントしている。

「こんにちは、初めまして! 新潟アルビレックスBBから移籍してきました林翔太郎です。滋賀レイクスターズの青色のユニホームを着れるのがとても楽しみです!プレーヤーとして成長するのは勿論、チームを勝利に導く選手になれる様に毎日を大切にし努力していきます。初めての滋賀県なのでとりあえず琵琶湖に飛び込みたいと思います(笑)。ともに戦ってください!よろしくお願いします!」

 また、来シーズンから滋賀の指揮をとるルイス・ギル・トーレスHCは林に対して、「林選手は我々にとってキープレイヤーの一人となると思っています。彼の身体能力やシューティング・スコアリング能力はチームにとっても大きな力となるはずです」と期待のコメントを寄せている。

BASKETBALLKING VIDEO