2021.09.13

開幕カードの前哨戦は川崎に軍配…プレシーズンマッチで横浜に20点差の快勝

2試合連続でのスタメン出場で、11得点を挙げた増田[写真提供]=川崎ブレイブサンダース
国内外のバスケ情報をお届け!

 川崎ブレイブサンダースは12日、ホームの川崎市とどろきアリーナで横浜ビー・コルセアーズとのプレシーズンゲームに臨んだ。

 立ち上がりは互いにアウトサイドからのシュートが決まらず、インサイドを中心に得点を重ねていく。互角の展開が続いていたが、終盤に川崎の篠山竜青がミドルシュートを沈めると、ニック・ファジーカスの連続得点などで抜け出し、16-8と川崎がリードして第1クォーターを終える。

 続く第2クォーター、インサイドで得点を挙げる横浜とは対照的に、川崎は3ポイントシュートで追加点を奪う。しかし、中盤に横浜の古牧昌也レイトン・ハモンズに立て続けに外角シュートを決められ、4点差に詰められてしまう。それでも川崎は増田啓介の3ポイント、ジョーダン・ヒースのアリウープ、ファジーカスの3ポイントと8-0のランで再び点差を広げると、36-25で試合を折り返す。

 迎えた第3クォーター、藤井祐眞の長距離砲などが決まり、中盤には川崎がリードを20点にまで伸ばす。さらに、横浜のタイムアウト後も川崎の勢いは止まらず、前田悟やファジーカスなど、的を絞らせないオフェンスで一時は28点までリードを広げると、最後は63-40と23点リードで第4クォーターへ。

 最終クォーター、川崎は得点のペースこそ落ちるものの、強度の落ちないディフェンスで横浜に反撃の機会を与えず、リードを保ちながら試合を進めていき、74-54と20点差で勝利を飾った。

 11日のアルティーリ千葉戦に続いて連勝を飾った川崎は、ファジーカスが21得点10リバウンド、藤井が16得点8アシスト、ヒースが13得点8リバウンド、増田が11得点をマーク。開幕カードでもある「神奈川ダービー」の前哨戦を快勝で終えた。

■試合結果
川崎ブレイブサンダース 74-54 横浜ビー・コルセアーズ(@川崎市とどろきアリーナ)
川崎|16|20|27|11|=74
横浜|8|17|15|14|=54

BASKETBALLKING VIDEO