2022.03.26

秋田が北海道を突き放し105得点快勝…古川が9本の3P含む30得点の大爆発

11本中9本の3Pを沈めるなどして30得点を挙げた古川[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月26日、各地でB1リーグ第27節が行われ、秋田ノーザンハピネッツは敵地でレバンガ北海道と対戦した。

 第1クォーターでは、秋田は中山拓哉の3ポイントシュートで先制したものの、3-7のランを食らい、後手に回ることに。しかし、ジョーダン・グリン古川孝敏の長距離砲で盛り返すと、その勢いのまま連続16得点に成功。一気に北海道を突き放し、29-18で最初の10分を終えた。

 続く第2クォーターでも秋田は主導権を譲らず、グリンや古川、保岡龍斗の得点で中盤には20点差に到達。その後も秋田は攻撃の手を緩めず、追加点を挙げて58-37で前半を終えた。

 後半は、古川を筆頭に、大浦颯太田口成浩などの3ポイントシュートが炸裂。81-54と突き放して第3クォーターを終えると、最終クォーターでは多田武史のスコアで点差を拡大。残り44秒には保岡のフリースローで100点の大台に乗せると、そこから保岡がさらに5点を追加してタイムアップ。105-68で快勝を収めた。

 秋田は古川が11分の9の高確率で3ポイントシュートを決め、30得点を挙げる大活躍。また、保岡、多田、古川が2ケタ得点をマークしたほか、ロスター全員が得点を記録。文字通り全員でつかんだ勝利となった。

■試合結果
レバンガ北海道 68-105 秋田ノーザンハピネッツ(@北海きたえーる)
北海道|18|19|17|14|=68
秋 田|29|29|23|24|=105

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO