2016.12.22

能代工のいないウインターカップ、OBの日本代表満原が喝「自分がいた頃とは明らかに違う」

国内外のバスケ情報をお届け!

能代工業高校がウインターカップの秋田県予選準決勝で秋田工業高校に67-76で敗れた。第1回大会から46年連続で本大会に出場、そのうち20度頂点に立った栄光の歴史に思わぬ形で傷がついてしまった。能代工のいないウインターカップ――バスケットボールファンが想像だにしていなかった光景に、能代工OBは何を思うのか。サンロッカーズ渋谷に所属する日本代表の満原優樹が、自身が在籍していた時代を振り返り、記録を止め意気消沈する後輩たちへ檄を飛ばした。

インタビュー=安田勇斗
写真=新井賢一

――地元の横浜からどういうきっかけで能代工に行ったのでしょうか?
満原 きっかけは、中3の時に能代から声を掛けてもらったことです。その後、練習会を見に行って決めました。

――決めたタイミングは?
満原 全中(全国中学校バスケットボール大会)の前に練習会に行って、決めたのは全中が終わったあたりですね。

――同じ横浜市出身で能代工OBの田臥勇太栃木ブレックス)選手に誘われたといううわさを聞きました。
満原 誘われたわけじゃなくて、自分の実家に能代の先生が挨拶に来てくれた時に、一緒に来てくれたんです。ちょうど田臥さんがNBAに行く前で、横浜に帰ってきたタイミングだったみたいで。

――田臥選手が来ることは事前に知っていたんですか?
満原 知らなかったです。その時、ありがたいことにいろいろな高校からお話をもらっていたんですよ。それで何校かの先生とお話させていただいたんですけど、どこもすごくいい話をしてくださるんですよね。自分ではどこがいいか判断できなくなって、中学の練習もあったので能代との話し合いには参加せず、親にお願いしたんです。そしたら田臥さんが来たって(笑)。

――何校ぐらいから声が掛かってたんですか?
満原 はっきり憶えてないですけど結構ありました。県外の全国区の高校に行きたいと思ってて、能代、大濠(福岡大学附属大濠高校)、明成高校、北陸高校などに声を掛けてもらい、それぞれ話を聞いて。田臥さんが来るって知ってたらもちろん同席してましたよ(笑)。

――その後、田臥選手にはいつ会いましたか?
満原 能代に入ってすぐに会いました。ゴールデンウィークに能代カップという大会があるんですけど、そこにゲストとして田臥さんが来たんです。その時に挨拶させていただいたんですけど、うちに来てもらった話はしませんでした(笑)。

――代表などで一緒になった時も、その話はしてないんですか?
満原 触れてないですね。代表でも試合でも会ったら話はしますし、能代の話もするんですけど。来ると知ってたら顔を出してましたけど、あの時は中3でしたし、大人同士の話がわからなかったので、ちょっと嫌になってたというか(笑)。

――田臥選手とは能代工について、どんな話をするんですか?
満原 今考えるとくだらないことも多いんですけど、いろいろなルールがあるんですよ。例えば1年生が通っちゃいけない扉があるとか、先輩がふざけてやったことを一緒にやらないといけないとか(笑)。

――能代工行きの決め手は、田臥選手の後押しですか?
満原 決め手は能代の練習会に行って、一番バスケに打ちこめる環境だと感じたことですね。当時は他の高校に留学生が増えていて、能代で日本人だけで勝ちたいという気持ちもありました。

――能代工は確かに留学生を受け入れてないですね。
満原 入れないと思いますよ。私立の高校じゃないですし、迎え入れるのは難しいかなと。

――その他にも能代工ならではの伝統などはありましたか?
満原 全国大会へ出発する前日の夜に、近くの神社にお参りに行ってましたね。選手、マネージャー全員で、「一番になる」という意味で1円玉を賽銭箱に入れてました。インターハイ、国体、ウインターカップ全部の大会前にやってましたね。

――能代工の一員になって、練習などで驚いたことはありますか?
満原 中3で初めて体育館に入った時に、独特の雰囲気や匂いに圧倒されました。入口にユニフォームなどが飾ってあって、それを見ただけでも「うわー」ってなりましたね。僕の代ではAチーム15人、Bチーム40人ぐらいだったんですけど、それだけ人数がいるからうまくない選手もいるんですよ。でも練習中はすごくピリピリしていて、Bチームの選手も体力面や精神面もそうですし、特にボールへの執着心がすごくて驚かされました。

――練習に楽しさなどは感じましたか?
満原 楽しさはなかったですよ(笑)。ハーフコートの練習がないですし、2時間半とか3時間とかの練習の間に休憩もないですし。5on0のファーストブレイクの練習だったり、3往復するブレイクの練習だったり、ひたすら走ってました。もちろん、成長を実感できるうれしさはありました。能代に行ったことですごく走れるようになりましたから。

――今に活かされていますか?
満原 そうですね。単純に走るだけじゃなくて、走りだすタイミングなども含めていろいろなことを学べました。今あの練習をやったらぶっ倒れると思いますけど(笑)。

――ちなみに能代工での一番の思い出は?
満原 雪かきですね(笑)。1年生の時は毎日、朝練が始まる前にやるんですよ。上級生が来るまでに校門から体育館まで雪かきをして道を作らなきゃいけなくて。僕は横浜から来たので、ああいう経験は初めてだったんですけど、なぜかその年に限って秋田でも30年ぶりの大雪が降ったりして(笑)。その日はいくらやってもダメでした。日によっては朝練をやらないでずっと雪かきをしてたこともありましたね。

――試合に出始めたのは?
満原 1年生のインターハイ予選から出させてもらいました。下手なりに使っていただきましたけど、この年はインターハイも国体もウインターカップも早い段階で負けました。全部留学生にやられましたね(笑)。2年生の時も国体で決勝(福岡と対戦、82-112で敗北)に行ったぐらいで、インターハイとウインターカップは良いところまで行けませんでした。

――3年生の時は上々の成績を残しました。
満原 そうですね。インターハイ優勝、国体優勝、ウインターカップは3位でした。最後にケガしちゃったんですよね。準決勝の第2クォーターの最初に右足首をねん挫しちゃって(洛南高校と対戦、72-102で敗北)。シュートを打って着地した時に“自爆”したんですけど。3冠が懸かっていたので、チームメートには本当に申し訳なかったです。

――同世代ですごいと感じた選手はいますか?
満原 同級生の長谷川(技/川崎ブレイブサンダース)は練習会で初めて会った時からすごかったです。ジャンプ力があってパスもディフェンスもうまいし、当時から何でもできる選手でした。あとは洛南の辻(直人/川崎)、福岡第一(高校)の並里(成/滋賀レイクスターズ)もすごかったですね。あの時の洛南は強かったですよ。辻だけじゃなく1個下には比江島(慎/シーホース三河)、谷口(大智/秋田ノーザンハピネッツ)もいて。

mitsuhara_sub

――間もなくウインターカップが開幕します。満原選手にとってウインターカップはどんな大会ですか?
満原 3年生にとって最後の大会ですし、やっぱり特別ですね。能代としても、そこに懸ける想いは強いです。

――3度出場したウインターカップではどんな経験を得られましたか?
満原 最後にケガをして優勝できなかったですけど、そのつらい経験や悔しい経験をプラスに考えてます。それがあったから今があるというか、もっとがんばれっていうメッセージだったのかなと。それと単純に東京体育館のメインコートでプレーできたことは良かったですね。高校時代にあのコートでプレーできたことはすごく大きかったと思います。

――能代工は今年、初めてウインターカップの県予選で敗退しました。それを知った時はどう感じましたか?
満原 ショックでしたよ。出続けることの難しさはわかってましたけど、ついにこの日が来てしまったなと。

――誰かとこのことについて話しましたか?
満原 バスケ部で一緒だった同級生から連絡をもらって知ったんですけど、チームメートとか能代以外の方と話すことの方が多かったですね。「負けちゃったね」とか言われたり。

――どうして出場記録が途切れたと思いますか?
満原 単純に弱いからだと思いますよ。

――留学生を入れないことも影響しているのでしょうか?
満原 どうなんですかね、留学生がいるから強いとは限らないので。もちろんプラスはありますけど、大濠なんかも日本人だけで結果を残してますからね。

――能代工に代わり本大会に出場する平成高校は、インターハイ予選で能代に100-68で勝利しています。どんなイメージがありますか?
満原 平成高校の佐々木信吾先生が、僕らが高3の時のアシスタントコーチだったんですよ。能代のOBで、僕らは1年の時から3年まで指導してもらってました。その信吾先生からは特にボール際での戦い方、例えばぶつかり方、体の張り方、飛びつき方などを、自分の体を使って教えてもらって、すごく鍛えられました。その指導を受けて平成高校は強くなり、能代の特徴だったボールへの執着心でも上回ったのかもしれないですね。

――これから母校にどう立ち直ってほしいですか?
満原 今年の夏に秋田に行ったんですよ。仲がいい同級生の実家に遊びに行ってゆっくりさせてもらい、その時にたまたま能代の試合があって見に行ったんです。フルタイムは見られなかったんですけど、自分がいた頃の能代とは明らかに違いました。能代はサイズは小さくてもどの高校よりも走れて、ルーズボールやリバウンドは飛びついてでも取ってたんですよ。そこは絶対に変わっちゃいけないところだったんですけど、変わってましたね。あの時見た能代はそこが物足りなかったです。その試合には勝ってましたけど、全国じゃ勝てないなと思いました。まずはそこから、能代らしさを取り戻してまた全国大会に戻ってきてほしいですね。

mituhara

満原優樹(みつはらゆうき)/サンロッカーズ渋谷 背番号0
1989年12月27日、神奈川県出身
198cm/102kg
能代工業高校時代にU-18日本代表に名を連ね、3年次には総体と国体で優勝。東海大学在学中に日本代表に初招集され、2012年に日立サンロッカーズ東京(現サンロッカーズ渋谷)に加入した。恵まれた体格と正確なアウトサイドシュートが持ち味。