2019.02.25

富樫勇樹、W杯出場は「本当にすごいこと」…「できるならばアメリカとやりたい」

カタール戦では3本の3ポイントを沈めた富樫[写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月24日、男子日本代表は「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選(Window6)」のカタール戦において最終スコア96-48で快勝。2006年に自国開催となった世界選手権を除けば、21年ぶりのワールドカップ出場を成し遂げた。

 試合後、富樫勇樹千葉ジェッツ)は「本当にすごいことだと思います」と改めてワールドカップ出場を手にした重みを実感。本戦では「高校時代(モントロスクリスチャン高校/アメリカ)のチームメートと国を背負って戦うことができればなと思います。次に進める可能性は低くなるかもしれませんが、滅多にやるチャンスはないのできるならばやりたい」とアメリカとの対戦を望んでいる。

 また、富樫はカタール戦前、自身のTwitterをとおしてサッカーファンへ向けてこう呼びかけていた。

「サッカーファンの皆さん男子バスケ日本代表がカタール代表にリベンジします!!!!!そして、勝てばワールドカップ出場が決まります!!応援してください!!」

 1日にサッカー日本代表がアジアカップ決勝で敗れたカタールを撃破し、「こうやってリベンジできてよかったサッカーの方たちも見てくれていたらうれしいです」とコメントした。

 今回のワールドカップ予選、計12試合中10試合に出場し1試合平均6.3得点2.6アシストを記録した富樫。この出来については「納得のいく試合は全くないです。千葉でのプレーとここでのプレーに迷いがある中での予選で、自分としてはもうちょっとやれた、やりたかったという思いはあります」と吐露。それでも、「チームが勝っていく過程でこうしてスタメンで出してもらって、結果を残せたことには満足しています」と1年3カ月に及んだ戦いを総括した。

FIBAワールドカップへの道のバックナンバー