2022.08.14

イランとの第2戦でゲームハイ21得点を挙げた馬場「誰が出てもエネルギーあふれるプレーを」

ゲームハイの21得点を挙げた馬場 [写真]=伊藤大允
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月14日、ゼビオアリーナ仙台で「SoftBank カップ 2022」第2戦が行われ、男子日本代表(FIBAランキング38位)が男子イラン代表(同23位)と対戦。41-31と10点のリードで試合を折り返した日本代表は、後半もペースを緩めず点差を拡大していき、最終スコア80-58で見事勝利を収めた。

 第2戦も先発を務め、ゲームハイの21得点を挙げた馬場雄大。豪快なダンクや軽やかなレイアップに加え、2本の3ポイントシュートを沈めるなど、実力をいかんなく発揮し日本代表をけん引した。

 試合後のヒーローインタビューにて、馬場は「昨日の反省を踏まえ、今日はゲームを通してやれたかなと。誰が出てもエネルギーあふれるプレーができたと思います」と第2戦を振り返った。

 また、日本時間8月25日25時より「FIBA W杯アジア地区予選」でイランと再戦が予定されている日本代表。馬場は「また一味違ったイランと戦うことになると思うので。アジアカップで得た経験を次の試合も活かしたいと思いますし、このメンバーで一つひとつ積み重ねていきたいと思います」とコメント。更なるチーム力の向上を図りたいと話している。
 

BASKETBALLKING VIDEO