2024.04.19

ENEOSサンフラワーズが田中こころと八木悠香の入団を正式発表…期待の高卒新人「勝利に貢献」誓う

ENEOSへの入団が発表された田中と八木[写真]=伊藤大允
バスケ情報専門サイト

 4月19日、WリーグENEOSサンフラワーズは、2024-25シーズンの新人選手として、田中こころ八木悠香が入団したことを発表した。

 桜花学園高校出身の田中は、172センチのガード。高校時代は1年時からベンチ入りし、2年時に主力の一角を担うと、3年時にはキャプテンにも就任。上級生になってからは全国制覇にあと一歩届かなかったが、名門校の主軸として活躍してきた。

 京都精華学園高校出身の八木は、177センチのフォワード。高校進学後は1年時から主力選手として活躍すると、2・3年時にはインターハイウインターカップを連覇。最強世代のオールラウンダーとして存在感を示してきた。

 両選手ともに、WリーグプレーオフのENEOS戦を現地観戦する様子が中継カメラに捉えられていたが、この度、正式に入団を発表。背番号は田中が26番、八木が27番に決まった。

 両選手の入団コメントは以下の通り。

田中こころ
「一番の持ち味であるシュート力を生かしてチームの勝利に貢献できるように努力するとともに、常に謙虚さを忘れず沢山の方に応援していただける選手を目指します」

八木悠香
「日々沢山のことを吸収して新人らしく元気のあるプレーでチームの勝利に貢献できるように頑張ります。ドライブやアグレッシブなプレーに注目してください。応援よろしくお願いいたします」

BASKETBALLKING VIDEO