2019.09.05

ミルズが勝負強さを発揮、オーストラリアがリトアニアとの接戦を制す

ハイタッチを交わすデラベドバ(左)とミルズ(右)[写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月5日に中国で「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の1次ラウンド第3戦が行われ、グループHではオーストラリア代表(同11位)がリトアニア代表(FIBAランキング6位)と対戦した。

 2次ラウンド進出の権利を持つ国同士の戦いは、ジョー・イングルス(ユタ・ジャズ)を起点とするオフェンスを展開したオーストラリアが主導権を握る。最初の10分間を27-19で終えると、第2クォーターも主導権を握り11点リードで試合を折り返した。

 一度もリードを許すことなく最終クォーターを迎えると、じわじわとリトアニアに追いあげられる展開。開始約3分に逆転を許すと、一進一退の攻防となる。しかし、残り2分からパティ・ミルズ(サンアントニオ・スパーズ)がタフなミドル、3ポイントを沈める勝負強さを見せ、87-82で勝利。オーストラリアが3連勝で2次ラウンドへ駒を進めた。

■試合結果
リトアニア 82-87 オーストラリア
LTU|19|22|19|22|=82
AUS|27|25|16|19|=87