2018.05.15

初のチャンピオンシップが古巣との対戦となった小島元基「素晴らしいチームと戦えた」

チャンピオンシップ第2戦で活躍したA東京の小島[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月13日、アリーナ立川立飛で「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18」クォーターファイナルが行われ、ホームのアルバルク東京京都ハンナリーズを78-69で下し、2連勝でセミファイナルへと駒を進めた。

 この試合、要所での活躍が光り計9得点4アシストをマークして勝利に貢献した小島元基は、試合後のインタビューにて「昨日はシュートが入らなかった(無得点)ですけど、いいシュートは打てていたので、今日はこのまま続けようという気持ちで挑みました」と自身の出来について振り返った。

 また、自身として初のチャンピオンシップが、昨季在籍した古巣との対戦となった小島。「京都という素晴らしいチームと戦えたことは良かった」と素直な想いを口にし、東海大学時代の1つ下の後輩である伊藤達哉とのマッチアップに関しては、「彼はスーパー負けず嫌いなので今日はガツガツくるだろうなというのは予想できていたので、先輩として負けないようにがんばりました。彼はいい選手なのでこれからももっと成長すると思います」とさらなる期待を口にした。

 最後に、敵地でシーホース三河と対戦するセミファイナルへ向けて「三河さんは両ウイングが強力ですが、(橋本)竜馬さんも激しく当たってくるので、しっかりゲームを作りたいと思います」と意気込みを述べた。

この試合の他の記事