2018.10.16

因縁対決が早くも再来、リベンジに燃える横浜ビー・コルセアーズがどんな策を打ってくるかに注目

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

横浜ビー・コルセアーズvs富山グラウジーズ(@横浜文化体育館)
10月17日19時5分~

 開幕節で激突した因縁の対決が早くも再来。今回は、横浜ビー・コルセアーズ富山グラウジーズをホームに迎えての戦いとなる。開幕節で連敗した横浜としては、ホームでまずは1つ借りを返したいところだ。

 その横浜は、開幕節に続いて前節もアウェイで戦い、京都ハンナリーズに連敗。1戦目は第1クォーターの大量ビハインドから猛追し、残り40秒でついに追いついたが、直後のディフェンスで3ポイントを許してしまい、かわされる格好となった。2戦目は前半から粘り強く戦い、わずか1点のビハインドで第4クォーターに突入。突き放されても度々1点差まで押し戻したが、最後まで逆転はできなかった。ポイントガードを細谷将司から田渡凌に代え、エドワード・モリスを外国籍選手2人と併用するなどしたスターター変更も結果には結びつかなかった。

 対する富山は、連勝スタートを切った勢いが栃木ブレックスには通じなかった。1戦目ではレオ・ライオンズが27得点、ジョシュア・スミスが24得点をマークした一方で栃木に104得点を献上し、ディフェンスの甘さを露呈。2戦目は前半をリードしながら、第3クォーターに大量34失点。第4クォーター終盤に再びリードを奪ったが、そこからまたディフェンスで隙を見せてしまった。

 開幕節の対戦で、スミスとライオンズを軸とした富山のオフェンスに横浜が抵抗できなかったのは記憶に新しいところ。特にペイントエリアでスミスにボールを持たせてしまうと富山の術中にはまることになるため、その一段階前のディフェンスが重要になってくる。スミスとのマッチアップが予想されるモリスやチャールズ・ガルシアのディナイはもちろんのこと、細谷と田渡のガード陣が相手のボール運びの段階からプレッシャーをかけるなど、富山のリズムを狂わせる工夫が必要だ。トーマス・ウィスマンヘッドコーチがディフェンスで仕掛けるかどうか、どのような対策を打ってくるかに注目したい。

文=吉川哲彦

■ロースター
・横浜(ヘッドコーチ:トーマス・ウィスマン)
細谷将司
川村卓也
高島一貴
湊谷安玲久司朱
中村太地(NEW/特別指定選手契約)
橋本尚明(NEW)
アマンゼ・エゲケゼ(NEW)
ハンター・コート(NEW)
ジャボン・マックレア(NEW)
田渡凌
竹田謙
エドワード・モリス(NEW)
チャールズ・ガルシア(NEW)
小原翼(NEW)

・富山(ヘッドコーチ:ドナルド・ベック)
レオ・ライオンズ(NEW)
関口サムエル(NEW)
船生誠也(NEW)
阿部友和(NEW)
山田大治(NEW)
水戸健史
宇都直輝
比留木謙司(NEW)
大塚裕土
葛原大智
青野文彦(NEW)
ジョシュア・スミス(NEW)

この試合の他の記事