2019.01.26

2季ぶりの対決は秋田ノーザンハピネッツに軍配、コールビーのブザービーターで劇的勝利

12得点8ブロックと攻守両面で活躍したカディーム・コールビー [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月26日にCNAアリーナ★あきたでB1リーグ第21節第1戦が行われ、秋田ノーザンハピネッツ横浜ビー・コルセアーズと対戦。両者は一昨季の残留プレーオフで激突しており、その時は横浜が劇的決勝弾で勝利を挙げた。

 2シーズンぶりの顔合わせとなったこのカードは、第1クォーターで16-16、第2クォーターで17-15と拮抗した展開。秋田は第3クォーターに入ると、開始1分23秒から中山拓哉ジャスティン・キーナンカディーム・コールビーの連続得点で12点差まで広げる。終盤は相手の猛攻に遭い、第4クォーター開始2分50秒の時点で53-59と6点ビハインドを背負った。

 追いかける時間が続く中、4点ビハインドで迎えた試合終了残り1分53秒に成田正弘がジャンプショットを決め、同30秒にキーナンが同点のレイアップ。すると同1秒、オフェンスリバウンドをもぎ取ったコールビーが決勝ダンクを叩きこみ、67-65で勝利を収めた。ブザービーターを沈めたコールビーは12得点7リバウンド8ブロックの大暴れ。キーナンは25得点10リバウンド、中山は9得点9アシスト4スティールを挙げ、チームの2連勝に貢献した。

【試合結果】
秋田ノーザンハピネッツ 67-65 横浜ビー・コルセアーズ(@CNAアリーナ★あきた)
秋田|16|17|17|17|=67
横浜|16|15|20|14|=65

この試合の他の記事