2019.03.24

三遠ネオフェニックスが‟愛知ダービー”連勝、第3Qでシーホース三河を突き放す

‟愛知ダービー”を制した三遠 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月24日、各地でB1リーグ第29節第2戦が行われ、豊橋市総合体育館では三遠ネオフェニックスシーホース三河と対戦した。

 第1クォーターはどちらも譲らない展開が続くが、ケネディ・ミークスアイザック・バッツにインサイドで得点を許して14-21。第2クォーターは攻守が噛み合い始め、一時は逆転したものの、残り1分3秒に森川正明に3ポイントシュートを決められ、34-35で前半を終えた。

 第3クォーターはディフェンスからいいリズムをつかみ、開始3分38秒にセドリック・シモンズのダンクで44-43とリードを奪うと、そのまま突き放し6点をリード。最終クォーターはシモンズを中心にリードを広げ、最終スコア80-66で‟愛知ダービー”連勝を飾った。

【試合結果】
三遠ネオフェニックス 80-66 シーホース三河 (@豊橋市総合体育館)
三遠|14|20|23|23|=80
三河|21|14|16|15|=66