2019.05.15

中地区王者の新潟アルビレックスBB、外国籍選手3人との契約満了を発表…契約交渉は継続

契約満了に伴い自由交渉選手リストへ公示されたアマンゼ・エゲケゼ、ラモント・ハミルトン、ダバンテ・ガードナー(左から) [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 新潟アルビレックスBBは5月15日、アマンゼ・エゲケゼラモント・ハミルトンダバンテ・ガードナーとの契約満了を発表。Bリーグの自由交渉選手リストへ公示されるものの、3選手とは契約交渉を続けていくという。

 エゲケゼは横浜ビー・コルセアーズ琉球ゴールデンキングスを経て、2019年2月に新潟へ加入。新潟でのレギュラーシーズンは2試合の出場にとどまったものの、51得点(1試合平均25.5得点)14リバウンド(同7リバウンド)をマークした。

 現在35歳のハミルトンはヨーロッパ各国のチームでプレーし、2016-17シーズンに琉球へ入団。翌シーズンから新潟に在籍すると、今季はレギュラーシーズンの56試合で923得点(同16.5得点)509リバウンド(同9.1リバウンド)を記録した。

 センターを本職とするガードナーは、Bリーグ初年度から新潟に所属。今季はリーグトップの平均27.6得点に同11リバウンド3.8アシストの活躍も見せ、チームを中地区優勝に導いた。