2019.05.27

広島ドラゴンフライズがエチェニケを獲得、島根スサノオマジックでの今季は平均19得点13.7リバウンド

ベネズエラ代表にも名を連ねるグレゴリー・エチェニケ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 広島ドラゴンフライズは5月27日、グレゴリー・エチェニケとの契約合意を発表した。

 ベネズエラ代表のエチェニケは、208センチ120キロの体格を誇る28歳。クレイトン大学卒業後、ドイツでプロキャリアをスタートさせ、ベルギー、ベネズエラのチームでもプレーした。2018-19シーズンは島根スサノオマジックに所属。出場したレギュラーシーズンの57試合すべてで先発を務め、1082得点(1試合平均19得点)781リバウンド(同13.7リバウンド)134アシスト(同2.4アシスト)86ブロック(同1.5ブロック)の活躍を見せた。

 移籍が決まった同選手は、チームの公式HPを通じて「新しいチャンスを頂き本当に嬉しく思います。来シーズン、広島ドラゴンフライズでプレーすることが楽しみです。チームが目標をつかみ取る手助けが出来るように、自分自身ベストを尽くすためにも、このオフにしっかりハードワークを積んでおきます。熱いご声援を宜しくお願い致します!」と意気込みを語った。

 なお、広島は森山修斗(元明治大学)、トーマス・ケネディ(元群馬クレインサンダーズ)を獲得。朝山正悟岡本飛竜小澤智将坂井レオ田中成也ジャマリ・トレイラーの残留も決定している。