2019.12.05

横浜ビー・コルセアーズ、ゴロマンとウォッシュバーンが退団

双方合意の契約解除が発表されたジョルジー・ゴロマン(左)とジェイソン・ウォッシュバーン(右) [写真]=Bリーグ
国内外のバスケ情報をお届け!

 横浜ビー・コルセアーズは12月5日、ジョルジー・ゴロマンジェイソン・ウォッシュバーンとの選手契約を双方合意の上で解除したことを発表した。

 ゴロマンは211センチ102キロのセンターで、今季開幕前に横浜へ加入。第9節終了時点で11試合に先発出場し、159得点(1試合平均14得点)81リバウンド(同7.4リバウンド)17アシスト(同1.5アシスト)14スティール(同1.2スティール)15ブロック(同1.3ブロック)の活躍を見せていた。

 208センチ110キロのウォッシュバーンは、2013年からウクライナやベルギーなどヨーロッパのチームに在籍し、2016-17シーズンから横浜でプレー。2018-19シーズンはルーマニアのチームに移籍したが、今季開幕前に横浜へ復帰し、12試合の出場で191得点(1試合平均16得点)116リバウンド(同9.7リバウンド)40アシスト(同3.3アシスト)16スティール(同1.3スティール)を挙げていた。

 植田哲也代表取締役は今回の決断について次のように説明した。

「昨シーズンの悔しい結果を踏まえて、名門大学で活躍し将来性あるビックマンとして新人のジョルジー・ゴロマン選手を海賊船団の一員として獲得しました。慣れない日本での生活もあり、コンディションが上がらない中でも、練習にひたむきに取り組む素晴らしい選手でした。しかし、現在のチーム成績を踏まえ、これからチームがよりハングリーに走り・守り・攻める『闘う集団』として成長し更なる強度アップを図るために、よりチームコンセプトに適した選手を新たに獲得することを、コーチ陣と何度もミーティングを重ねた結果決断しました。シーズン途中の退団となってしまい非常に残念ですが、今まで共に闘ったゴロマン選手に感謝すると共に、今後の活躍を祈念致します」

「今シーズン、我々はチームスローガン『BE CORAGEOUS』の下、一致団結し闘うことを皆様に宣言しました。 再出発のシーズン、Bリーグ初年度から海賊船の乗組員として共に闘ってくれたジェイソン・ウォッシュバーン選手の存在は、我々にとって何よりも心強く、そして頼もしいものでした。腰の状態が悪い中、チームのために献身的にプレーをするジェイソン・ウォッシュバーン選手と今後も共に闘いたいと切に願いましたが、バスケットボールプレイヤーとしての更なる可能性を鑑みて、この度双方合意の下で契約を終えることにしました。横浜を愛し、ビーコルを愛し、ファンとチームのために奮闘してくれたジェイソン・ウォッシュバーン選手には本当に感謝の言葉しかありません。今まで共に闘ったジェイソン・ウォッシュバーン選手の今後の活躍を祈念いたします」