2019.12.06

同地区対決が続く新潟アルビレックスBB、森井健太や石井峻平の働きが重要

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

新潟アルビレックスBBvs横浜ビー・コルセアーズ(@シティホールプラザ アオーレ長岡)
第1戦:12月7日15時5分、第2戦:12月8日14時5分

 11月に入って2節連続で他地区首位のチームから白星を挙げてその座から陥落させた新潟アルビレックスBBだが、前節は逆に宇都宮ブレックスを東地区首位に浮上させてしまった。2戦ともに試合の入りが良くなく、1戦目は後半に突き放され、2戦目に至っては第1クォーターの22点ビハインドがあまりにも痛く、最終盤の反撃も焼け石に水だった。前々節の負傷で今村佳太が出場できず、2戦目は五十嵐圭が欠場したのも響いた。この2戦で今季初めてスターターに名を連ねた森井健太が2戦目で9アシストをマークしたことと、石井峻平が2戦目で約30分出場して13得点7リバウンドと結果を残したのが救い。今節から3節連続計5試合の同地区対決が組まれており、まずはここで地区内の順位を上げておく必要がある。その最初の相手は、第5節で再延長の末に苦杯を喫した横浜ビー・コルセアーズだ。

 その横浜は、過去3シーズン未勝利の川崎ブレイブサンダース戦に前節も勝てなかった。川崎のディフェンスを崩すことができず、1戦目は外国籍選手2人が計16得点に封じられて63得点、2戦目は3ポイントが不発に終わって60得点。前々節から4連敗で5勝10敗となり、“借金”がふくらんだ。未だ中地区2位ながら背後に富山グラウジーズと新潟が迫る中、外国籍選手2人の契約解除に踏みきり、心機一転を図る。

 前週の「第95回天皇杯・第86回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」2次ラウンドで、新潟は復帰した今村が別の箇所を痛め、柏木真介も負傷。対照的に横浜は外国籍選手を休ませており、田渡凌もほぼ完調に戻ったと言っていい。コンディション面では横浜のほうが整っている状況だ。2番ポジションのタイムシェアが難しくなった新潟は、森井や石井に加えて池田雄一上江田勇樹の働きも重要になってくる。中でも石井は、このチームのピンチを自身のステップアップのチャンスに変え、持ち味のシュート力を発揮しなければならない。

文=吉川哲彦

■ロースター
・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
柏木真介
五十嵐圭
髙橋浩平
鵜澤潤
石井峻平
森井健太
上江田勇樹
今村佳太
池田雄一
ニック・パーキンズ
ラモント・ハミルトン

・横浜(ヘッドコーチ:トーマス・ウィスマン)
ジェームズ・サザランド
橋本尚明
レジナルド・ベクトン
ホール百音アレックス
アキ・チェンバース
ハンター・コート
牧全
田渡凌
秋山皓太
竹田謙
エドワード・モリス
ウィリアム・マクドナルド
生原秀将
小原翼

この試合の他の記事