2020.02.14

ともにきっかけをつかみたい愛知ダービー。注目は三遠の河村勇輝を名古屋Dがどのように止めるか!?

国内外のバスケ情報をお届け!

三遠ネオフェニックスvs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
第1戦:2月15日17時5分、第2戦:2月16日14時5分(@豊橋市総合体育館)

 三遠ネオフェニックスが同じ愛知県にホームを持つ名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦する。この両チーム、今シーズンは開幕直後に顔を合わせており、その時は名古屋Dがホームのドルフィンズアリーナで2連勝を果たした。

 昨年の12月25日にオーバータイムの末、横浜ビー・コルセアーズ戦に勝利して今季3勝目を挙げて以来、三遠は長いトンネルを抜けることができない。福岡第一高校から特別指定で河村勇輝を獲得したものの、河村合流後も7連敗となっている(通算13連敗中)。

 河村のデビュー戦となる千葉ジェッツとの初戦で相手の得点を75点に抑えたが、それ以降は80以上の失点を喫し、90点以上もの得点を奪われた試合が2つもある。それだけにディフェンスに問題を抱えていることは明白だと言えるが、前節の志賀レイクスターズ戦ではPGの齋藤拓実に2試合で51点を奪われるなど、インサイド、アウトサイドに限らず、ディフェンスの締め直しが必要だ。

 対する名古屋Dは15勝22敗と現在西地区の5位に位置し、CS出場に向けてもう負けられない状況が続いている。ただなかなか連勝することができず、借金完済までまだ道は遠そうだ。その中で前節、東地区の強豪、千葉に勝利をしたことは前向きにとらえたい。ロースコアの展開となった2月8日の試合では、残り50秒に名古屋Dのジャスティン・バーレルがフリースローを決めて逆転に成功。最終スコア61ー59で名古屋Dが敵地で白星を獲得した。翌日の試合でも敗れはしたが、最終スコアで4点差まで詰め寄る粘りが出てきている点も、これからの戦いの糧にしたいところだ。

 この対戦、三遠としては連敗脱出を図りたいところだが、名古屋Dにとっても昨年の10月26日・27日の横浜戦以来の同一カード連勝を目指したい。三遠は先発に定着している河村を起点に攻撃を仕掛けるだけに、名古屋Dはここを抑えに来るだろう。マッチアップは笹山貴哉小林遥太が受け持つが、特に小林の泥臭いディフェンスが注目の河村をどれだけ苦しめるかにも注目が集まる。

文=バスケットボールキング編集部

■ロースター
三遠(ヘッドコーチ:河内修斗)
ロバート・ドジャー
デビン・イーバンクス
寺園脩斗
川嶋勇人
北原秀明
太田敦也
柳川龍之介
山本浩太※特別指定
岡田慎吾
ダシルバヒサシ
西川貴之
鈴木達也
菅野翔太
ミッケル・グラッドネス
ヴィアチェスラフ・クラフツォフ
河村勇輝※特別指定

・名古屋D(ヘッドコーチ:梶山信吾)
小林遥太
満田丈太郎
菊池真人
張本天傑
安藤周人
中東泰斗
笠井康平
中務敏宏
西田優大※特別指定
ヒルトン・アームストロング
笹山貴哉
ジャスティン・バーレル
木下誠

この試合の他の記事