2021.02.11

第2Qのリードを守り切った大阪…西地区上位の三河から貴重な白星を挙げる

16得点を挙げたハレルソン[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月10日、Bリーグ第21節が各地で行われ、大阪エヴェッサシーホース三河と対戦した。

 第1クォーター、大阪は三河の金丸晃輔に18得点を許すなどして21-25と4点のビハインドを背負って終了。それでも続く第2クォーターはジョシュ・ハレルソンの11得点などで、チームとして28得点を積み上げることに成功。三河の得点も16点に抑え、49-41と逆転して後半へ。

 第3クォーターには一時13点差をつけるも、終盤に金丸や川村卓也らを中心とした三河の反撃を受け、70-63と7点差で最終クォーターへ。最後の10分間もアイラ・ブラウンディージェイ・ニュービルの得点でリードを守りきった大阪。最終スコア93-85で西地区上位の三河から貴重な白星を挙げた。

 大阪はニュービルが17得点6アシスト、ハレルソンが16得点10リバウンドでダブルダブルを達成。また伊藤達哉も13得点6アシストを記録した。一方、三河は金丸が今シーズン最多となる31得点を挙げるも、手痛い敗戦を喫することとなった。

■試合結果
シーホース三河 85-93 大阪エヴェッサ(@ウィングアリーナ刈谷)
三河|25|16|22|22|=85
大阪|21|28|21|23|=93

BASKETBALLKING VIDEO