2023.09.25

川崎ブレイブサンダースの藤井祐眞、コートを去る戦友と頂点目指す「ニックの引退にふさわしい結果は優勝」

今シーズン限りで現役を退くニック・ファジーカスとともにリーグタイトルを目指す川崎の藤井祐眞 [写真]=伊藤大允
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月25日に「B.LEAGUE 2023-24 SEASON TIPOFFカンファレンス」が行われ、B1所属選手24名が登壇。川崎ブレイブサンダースからは藤井祐眞が出席し、カンファレンス後の囲み取材に応じた。

 川崎はニック・ファジーカスが2023-24シーズン限りでの現役引退を表明。旧リーグ時代の2012年から川崎を支える大黒柱の最終シーズンを“NICK THE LAST”と銘打ち、悲願のBリーグ初優勝に向けて戦う。

 藤井はファジーカスの引退発表に際し、「シーズンが終わって(彼がアメリカへ)帰る時、『来シーズンが最後になるかも』と言われて。そして日本に戻ってきた時、『最後にする』と。すでに発表してしまったので、本当に引退してしまうんだなという気持ちです」と心境を明かした。

 藤井は入団から9シーズンにわたってファジーカスとともにプレー。NBLや天皇杯の優勝経験こそあるものの、2016年の初年度から未だBリーグの頂点に立っていない。新シーズンの目標を聞かれると、「もちろん優勝です。ニックの引退にふさわしい結果は優勝すること。優勝して(シーズンを)終わりたいです。ニックを胴上げしたい。それだけです」と意気込みを語った。

 10月7日に川崎市とどろきアリーナで行われる開幕戦は三遠ネオフェニックスとの対戦。金丸晃輔を要注意選手に挙げ、「シュートを打たれたとしても、できるだけタフショット(を打たせるよう)に仕向けたいです。何なら1本も打たせたくない選手。昨シーズンの試合で負けた時、ポンポンポンと決められて、相手に流れをもっていかれてしまいました。そこは絶対に止めたいです」と警戒した。

BASKETBALLKING VIDEO