2019.05.26

2019年の女子注目選手(12)福田希望(大阪薫英)「勝負強いシュートでチームを盛りたてる司令塔」

昨年より責任感が増した大阪薫英の司令塔・福田[写真]=田島早苗
取材歴15年目でミニバス、中学、高校、大学、トップリーグに日本代表と様々なカテゴリーをカバー。現場の“熱”を伝えるべく活動中。

4月から新学期がスタートし、高校バスケ界では各チームにルーキーたちが加入。昨年の1、2年生も学年が1つ上がり、ここから本格的なチームづくりを図っていく。今回、バスケットボールキングでは2019年に注目すべき選手を独自にピックアップした。

■女子注目選手(12)福田希望(3年/大阪薫英女学院高校/大阪府)

「外からのシュートがキーになってくると思うし、中学校の時にポストプレーを一時期やっていたことがあったので、そこも自分の武器だと思っています」と、自身の強みであるプレーを語るのは大阪薫英女学院高校のガード・福田希望。昨年、チームは18年ぶりにウインターカップ準優勝に輝いたが、福田もその大会では勝負強いシュートなどで流れを呼ぶ働きを見せていた。

 だが、最上級生となった今年は立場も責任の重さも変わり、「昨年までは先輩たちが作ってくれている中での自分の得点だったのですが、今年はそれではいけないし、チームも勝てないと思います。森岡奈菜未さん、塩谷心海さんと私の3人が今までに試合に出させてもらっていた分、今年はしっかりやっていかないといけないです」と語る。

 3位となった3月の「第47回全関西バスケットボール大会」では、「自分のことだけしか考えていないプレーでチームを壊してしまっている」と反省しきりだったが、「ディフェンスとの駆け引きが自分自身の課題。そこと向き合っていくことがインターハイにつながっていくと思います」と前を向く。ここ一番で決める3ポイントシュートなど、チームにとってはなくてなならない得点源。「私たちの目標は日本一。昨年、悔しい思いをしたことを自分たちの代に活かしたいと思います」という福田のプレーには今年も目が離せない。

写真・文=田島早苗

2019年の高校バスケ注目選手のバックナンバー