2024.02.23

川島悠翔や金近廉ら新戦力が並んだグアム戦…ホーバスHCは“若手組”に期待

日本代表に新たな風を吹き込んだ“若手組”の川島(左)と金近(右)[写真]=伊藤大允、fiba.basketball
バスケ情報専門サイト

 2月22日、「FIBAアジアカップ2025予選 Window1」が開催され、バスケットボール男子日本代表FIBAランキング26位)は、有明コロシアムグアム代表(同76位)と対戦した。

 この試合では、立ち上がりこそいいスタートを切った日本代表だが、第2クォーターにはミスがかさみ、その隙を突かれてグアム代表にリードを許してしまう。しかし、35-36で始まった後半では、代表最年少の川島悠翔NBAグローバルアカデミー)の連続得点などで逆転すると、一気に主導権を握り点差を拡大。第4クォーターでもグアム代表の追い上げを許さず、77-56で勝利を収めた。

 試合後、指揮を執ったトム・ホーバスヘッドコーチが記者会見に登壇。昨夏の「FIBAワールドカップ2023」以来初の国内公式戦ということで、フレッシュな顔ぶれについての質問に答えた。

 冒頭で、ホーバスHCは代表初得点を含む6得点を挙げた川島についての質問に対応。「この(直前)合宿で、彼とは8カ月ぶりくらいに会いました」としながらも、「それくらい会っていなかったけれど、本当に伸びた」と太鼓判。

 続けて、川島のプレータイムについても聞かれた指揮官は、「少しミスはあったけれど、彼のエネルギーが大事かなと思っていて、トランジションのプレーとか、リバウンドもディフレクションとかチップとかに絡んでいた」とインテンシティの高さを評価。代表デビュー戦ながらおよそ14分もプレータイムを与えた理由を説明した。

 一方、同じく若手の一人として選出され、この試合では先発にも選ばれた金近廉千葉ジェッツ)については、「この(直前)合宿では、昨日までは彼がMVPだった」としながらも、「でも昨日はそんなにいい練習をしていなくて、今日も続いた」とパフォーマンスの低下について言及。

 実際、今回のグアム戦では先発ながらおよそ11分の出場で無得点にとどまった金近。しかし、「これも経験で、彼はこの波を直さないといけないです。そういうメッセージも伝えたかった」と、ホーバスHCは伸びしろに期待を込めてコメントした。

 日本代表は、2月25日に「FIBAアジアカップ2025予選 Window1」の次戦で中国代表FIBAランキング29位)と対戦する。昨夏のワールドカップを経験した選手たちもさることながら、「伸びしろ」十分の“若手組”の活躍にも期待したい。

BASKETBALLKING VIDEO