2020.06.04

~選手セレクト「Spotifyプレイリスト」~ 林咲希&梅沢カディシャ樹奈(JX-ENEOSサンフラワーズ)

JX-ENEOSで活躍する林(左)と梅沢(右)[写真]=兼子愼一郎、伊藤 大允
国内外のバスケ情報をお届け!

コートで鳴り響くミュージック!
コートを離れても終わらないミュージック!
モチベーションアップにJポップやK-POPを!
癒しとリラックスを求めて、時にはジャズにロックに懐かしの名曲を!
バスケットボールキングでは、Bリーグ、Wリーグの選手たちのお気に入りナンバーをSpotifyでプレイリスト化。選手と一緒に音楽をもっと楽しもう!

JX-ENEOSサンフラワーズからは女子日本代表にも名を連ねる2人が登場。チーム屈指のシューター、林咲希選手と、190センチの長身を活かし、センターとして活躍する梅沢カディシャ樹奈選手。新シーズンを見据えた自主練中やお家でのリラックスタイムなど、それぞれおススメの曲をセレクトしてもらいました!

林咲希(JX-ENEOSサンフラワーズ#7)

「ランニングや自主練中に聴くとめちゃがんばれるプレイリスト」

BTS
①「ON」
③「IDOL」
⑤「LOVE YOURSELF」
⑦「Crystal Snow」
⑨「Euphoria」

SEVENTEEN
②「Home」
④「Getting Closer」
⑥「SIMPLE」
⑧「Snap Shoot」
⑩「Our Dawn Is Hotter Than Day」
(※数字はプレイリスト曲順)

※音楽配信サービス『Spotify』でも公開しています。

「ランニングしたり、自主練したりするときは、いつもK-POPを聴いています。最近は『BTS』や『SEVENTEEN』をよく聴いていますね。

『BTS』は7人組のヒップホップグループで、ダンスがスゴイ! 3年ぐらい前から見始めたのですが、歌詞がとても意味深いし、聴くたびに、私もがんばろうと思える、そんな曲ばかりなんです。

『SEVENTEEN』は13人組のグループで、グループの仲の良さや明るさに惹かれて、最近、聴き始めました。

 どちらのグループもとにかくダンスが上手い。ダンスシーンを思い浮かべながら走っているとあっと言う間に時間が過ぎてしまうくらいです。バラードも気持ちを前向きにさせてくれるグッとくるような曲ばかりなので、この2つのグループをいつもランダムに聴きながら走っています」

プロフィール
林咲希(はやし・さき)
1995年3月16日生まれ/福岡県出身/172センチ
白鷗大学から2017年にJX-ENEOSサンフラワーズに加入。3ポイントシュートと豊富な運動量を武器とするガードフォワード。コートネームはキキ。

梅沢カディシャ樹奈(JX-ENEOSサンフラワーズ#24)

「おうち時間のお気に入りプレイリスト」

DAN+SHAY
「Speechless」

Ty Dolla Sign
「Purple Emoji」

Roddy Ricch
「Down Below」

The Black Eyed Peas
「Where Is The Love?」

Bravo
「Fatal」

DaBaby
「ROCKSTAR」

H.E.R
「Slide」

Frank Ocean
「Godspeed」

6LACK
「Switch」

※音楽配信サービス『Spotify』でも公開しています。

「曲を聴く順番は特にこだわりはありません。その日の気分で、聴きたい曲も変わります。今回は最近家で聴いている中で、自分の大好きな曲を選んでみました。こういった曲をいつも聴きながら、部屋で踊ったり、掃除をしたりして、気分転換を図っています。家だけでなく試合前でも割とゆっくりめな曲を聴くことが多いですが、中でもR&Bは大好きです。

 基本的に洋楽を聴くことが多く、その時の気分でたまに『ONE OK ROCK』や『清水翔太』といった邦楽も聴きます。小さい頃から聴いていたってこともあって、『ボブ・マーリー』などレゲエナンバーも大好きです。
 
 毎日、大好きな音楽からパワーをもらって、モチベーションを上げています!」

プロフィール
梅沢カディシャ樹奈(うめざわ・かでぃしゃ・じゅな)
1998年7月26日生まれ/カナダ出身/190センチ
桜花学園高校から2017年にJX-ENEOSサンフラワーズに加入。持ち前のパワーと高さを活かし、インサイドプレーを得意とする期待のセンター。コートネームはジュナ。

#バスケフェスタ2020のバックナンバー